• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

33. 「ウチは私企業だからお役所とは違う」と胸を張って言えますか

シュティフター『晩夏』 前編

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年6月10日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。

 組織のなかで、複数の部署が共同作業をしていると、妙な事態が起こることがありますよね。

 たとえば、こっちの予算を立てると、別の部署に悪影響が出る。でも別の部署なので、その悪影響をどうこうすることがこっちの部署では無理。よって、その悪影響は解決不能のまま残る……。

 前回前々回と、肥大化した企業のなかで歯車として働くことのもどかしさ、歯痒さについて書いてきた。この歯痒さを、小説は150年も前から題材としてきたのである。

鼻/外套/査察官』ゴーゴリ 著、浦雅春 翻訳、光文社古典新訳文庫、680円(税込)

 官僚制の不条理・馬鹿馬鹿しさを諷刺したと言えば、ロシアの作家ニコライ・ゴーゴリの戯曲『査察官』(『鼻/外套/査察官』所収)が有名だが、ここではもっとディケンズ‐カフカが取り上げた主題に沿って、オーストリアの小説家アーダルベルト・シュティフターの長篇小説『晩夏』(1857)を取り上げることにしたい。

 『リトル・ドリット』には迂遠省にかんするジョークという形で、巨大組織で働くことの不思議さが触れられていたが、『晩夏』にもまた、登場人物のちょっとした感慨という形で、同じことが軽く触れられている。

 『晩夏』が発表された年は『リトル・ドリット』と同じ1857年だ。読者としてはその偶然もまた、ちょっと嬉しかったりするんだなあ。

*   *   *

晩夏 上』(全2巻)、アーダルベルト・シュティフター 著、藤村宏 翻訳、ちくま文庫、1,365円(税込)

 舞台となるのは19世紀前半のヨーロッパ。

 〈私〉は堅実な商家の長男だ。家が裕福なので、定職につく必要はない。しょっちゅう旅に出て、野山を歩き回っては、自然史(まあ博物学ですね)の研究に没頭している。父もまたそんな息子に理解がある。というより、息子が民間学者として研究や思索に没頭することを、応援してすらいる。

 なんで父はこの息子を応援しているのか。世間の「空気」だけを読んで、パフォーマティヴに自分の立ち位置を計算しなければならない、同調圧力の強い日本ではまったくピンと来ない話かもしれないが、ヨーロッパでは、世間とか空気とかいった「関係」を超えた、超越的な価値や基準といったものにたいする希求が強い。超越的なものとは、かつては神であり、ある時期からは「学問」とか「近代の理念」のようなものであって、いまはどちらも影が薄くなってしまっているから、欧米ではいろいろ悩んでいるわけである。

 いや日本も強いのだが、「近代」の理念が所詮借り物で「ムラ」がそのまんまポストモダンになっちゃった日本では、要するに農地を潰して「ホームセンター」を作ってしまったような環境なので、超越的な価値や基準を求めようとすると新興宗教かマネーゲームしかないのだった。

 話がずれてごめんなさい。『晩夏』に戻ります。

コメント2

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長