• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

子供ができない悩み。出産を自慢する友人に傷ついています

  • 赤坂 真理

バックナンバー

2009年7月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 たくさんの「言えない悩み」をお寄せいただきました。今回は、下記の悩みに赤坂さんがお答えします。

【今回の「言えない悩み」】
 子供が欲しいのに、なかなかできません。2回妊娠しましたが、流産。夫婦仲は良好ですが、夫は仕事や、私からの「子供欲しい」プレッシャーとで、自信を失っているようです。昔は、結婚したら子供は自然にできると思っていたのに、理想と現実のギャップが悩みです。

 私も仕事を持っていますが、早く子供を作って産休を取りたい。一方会社では、私の昇進も視野に入れて業務拡大をしようとしています。嬉しいけれど、管理職なんて興味ないのに…。

 不妊に長い間悩んでいた友人が、昨年出産。その途端、音信不通だったのにいきなり、メールやハガキで子供の写真をガンガン送ってきます。「産んでない女性」から一歩リードしたとでもいう態度です。女って恐い。

 人間にとって、子供って何だろう? 自慢する対象なの? 他人から一歩秀でるアイテムなの? 自分はそんな親でありたくないと思う一方で、子供が一生できなかったらどうしよう、とも思います。子供がいないと、何を失いどう生きていくのか。漠然とした不安に、時々泣きたくなります。 

 (会社員、37歳、女性)

 この質問が最初の一群の中に来たとき、運命かと思いました。これは私自身の「言えない悩み」にかなり近いから。もしかしたら、人類最大の悩みなのかもしれないと、この頃予感したりもしますが…。

   私には、セックスと生殖の関係に折り合いがつけられませんでした。多くの人がそれを普通にやってる感じなのが、純粋に驚異でした。衝動と家族をどういっしょにできるのか? と。

   「こんなこと思う人間って、アリ!?」と自分であきれ驚くほどだけど、私はいるのだから、アリと言うしかない。そんな自分がひどく不完全に思えて、どこかで許せなかった・・・。でも許せなくても私は存在するし、存在するなら、許した方がいい。

   結局私にできるのは、日々、自分で自分を肯定し続けること、それしかないと思いました。答えが出ない問題も人生にはある。今は不完全に見えても、いつか全体が分かる時がくると信じる。「ない」ことを信じるのは、ある意味、やってきた大変な状況に対処するより、強さのいることかもしれない。

   のっけから爆弾発言をするようで、クリアな回答を期待する方には申し訳ないけれど、こんな私にできるのは、問題を抱えながら、同じように問題を抱えた人と共に歩くことだけです。言葉の伴走をし、引き出されたがっている言葉を見つけ、それによって、時に自分も救われる。

   皆さんのまっすぐな問いかけを読み、私はそのようだし、そうしかできないと、決意をしました。おつき合いいただけるなら、さいわいです。

   何かが「ない」悩みは、何かが「ある」悩みより難しいのではないかと私は思います。

 「ない」ことを正面切って語ろうとする人は少ない。「ない」ことは語りにくいし(単純に考えて、話のネタも少なそうだ)、「ない」ことには答えが「出ない」と思っているから。それはある意味正解です。後述しますが「ない」は存在の問いになってしまいやすいから、はっきりした答えが出ない。

   しかし考えてみてください。「ない」ということこそ、言葉でしか表せないのです。「ない」ことを考える人こそ、それを語る言葉を獲得してほしい。

   言い方を変えれば、マイノリティーこそ言葉を持たなければならなくて、マイノリティーこそ、生きていくのに言葉が必要です。

コメント3

「赤坂真理の人に言えない悩み」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員