• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

次世代機の登場サイクルに変化あり!

E3 2009で発せられた静かなメッセージ

2009年6月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 6月2~4日に開催された、世界最大級のゲーム展示会・E3(Electronics Entertainment Expo)2009は、大盛況のうちに終了しました。

 各陣営から、さまざまなソフトの発表があり、ゲームファンを喜ばせたのですが、ゲームビシネスの視点から見るならば、もっとも大事なポイントは、以下のひとことに要約できます。

 「ゲームビジネスは、5年~5年半で次世代機を準備するサイクルから、ついに脱却します!」

 そうなのです。言葉にして明言されたわけではないのですが、今年のE3では、マイクロソフトにも(そして任天堂やソニー・コンピュータエンタテイメント=SCE=からも)、次のゲーム機を予感させる気配は、欠片(かけら)もなかった。それどころか、2~3年先のビジョンすら見せてきました。このことこそが、じつは最大の注目ポイントなのですね。

 これまでのゲームの歴史を振り返ると、5~5年半のサイクルで、次世代の据え置きゲーム機が発売されてきています。すると、たとえばXbox 360は2005年12月に発売されたマシンですから、本来ならば2010年末~2011年夏あたりに新マシンを登場させる気配が漂っても、なんらおかしくないはずなんですね。

 にもかかわらず、各陣営ともに「現行機のままでも、いまなお新鮮な体験を提供できますよ!」「2~3年後には、こんなに素敵なことができますよ」と強くアピールしました。そしてユーザーに「まだまだ長いこと楽しめそうだなぁ」という予感を与えることに成功したのです。

 ハードの発売直後ならばともかく、それ以外のタイミングで開催されたE3が、このような空気に包まれるのは、きわめて珍しいことなんですね。

さらに進化するモーション・コントロール

 こうした動きの原動力は、各陣営が「モーション・コントロール」という技術に、積極的に取り組んできたからでしょう。それが、今年のE3の空気を大きく変えました。

 これは読んで字のとおり、ゲームを動き(=モーション)で操作(=コントロール)する技術のこと。わかりやすくいってしまえば、任天堂がWiiリモコンで実現した技術のことです。ボタンで操作するのではなく、体の動きによってゲームを操作する仕組みのことですね。

「Wii モーションプラス」。Wiiリモコンに装着することで、細かな動きを検知することが可能になる。1500円税込み。(c) 2009 NINTENDO

 この分野で先頭を走っているのは、もちろん任天堂です。

 「Wii モーションプラス」という周辺機器を発表し、すぐさま発売することを決定。これはWiiリモコンにつけることで、より繊細な操作が可能になるという機器です。対応ソフトとして、全世界4000万本ヒットとなった前作を引き継いだ「Wii Sports Resort」をお披露目してきたのです。

 任天堂は、それ以外にも「Wii Fit Plus」「スーパーマリオギャラクシー2」「NEWスーパーマリオブラザーズWii」など、全世界で1000万本セールスが見込めるタイトルをズラリとそろえてきました。ゲームビジネスを考えるならば、これはたぶん、E3史上で最強のソフトラインナップだったのではないでしょうか。

6月25日発売が電撃的に発表された「Wii Sports Resort」。全世界で4000万本以上のスーパーヒットとなった前作を、さらにパワーアップさせた1本。4800円税込み(Wiiモーションプラス同梱)(c) 2009 NINTENDO

コメント2

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「次世代機の登場サイクルに変化あり!」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

本音と建前が違うことが問題の温床になっている。

川野 幸夫 ヤオコー会長