• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「本田△」が“読め”れば、ワールドカップもきっと面白い

2009年6月15日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この半月ほど、ずっとひっかかっていた言葉がある。
 いや、「言葉」と言って良いのかどうか……。
 単に「表記」と呼ぶべきかもしれない。

 私を悩ませていたのは、「本田△」だ。
 これは、何と読むのだろう?
 この三文字を、私は、どんな音で発声すべきなのであろうか。

 サッカー日本代表のW杯アジア地区最終予選の大詰めを迎えたこの春、わがサッカー界は、絶対に負けられない最終予選の試合に向けて、強化試合に相当する試合を組んだ。

 その、キリンカップの二試合で大活躍したのが本田圭佑選手(オランダVVVフェンロ所属)なのであるが、その本田選手は、なぜか一部で「本田△」と呼ばれているのである。

「ん? なんだこの△は?」

 私は、掲示板に散見する「本田△」表記を眺めながら、その読み方に難渋していた。
 これは、実は、よくあることだ。
 インターネット掲示板は、私的なジャーゴンが飛び交う、未熟極まりない言語世界だ。

 だから、発音不能な表記や意味のわからない略語や、出典の知れない引用にぶつかることがよくある。というよりも、そもそもネット社会は、そういう生煮えの言葉でできあがった沼みたいな場所なのである。

 ひとつ例をあげる。
 5年ほど前、私は、「にしこり」という4文字に悩まされていた。
 時々巡回していた野球系の掲示板に、「にしこり」という4文字だけを書き逃げする輩が現れていたからだ。
 意味不明。彼らは

にしこり

 とだけ書いて、ほかに何も書かずにどこへともなく消えていく。
 しかも、「にしこり」の意味を誰も教えてくれない。

 掲示板のマナーは職人の修行過程に似ている。「仕事は見て覚えろ」「ワザは盗んで学べ」てなことになっている。なんというのか、先人が後輩を甘やかさない世界なのである。だから、「この、《にしこり》というのは、何かの暗号ですか?」

 と尋ねても、マジメな答えは一切返ってこない。

「見た通り」
「にしこりはにしこり。ただそこにあるのみ」
「読むのではない。感じるのだ」
「心の目で見れば読めるはず」

 私は、はじめて「にしこり」を見てから、3カ月ほど、まったく意味がわからなかった。
 それが、ある日突然わかったのである。

 おおなるほど、このひとかたまりの文字列は、ある有名なアスリートを意味している。

 テニスの錦織圭選手?
 惜し……くない。まるで違う。
 第一、その当時錦織選手はまだデビューしていなかった。

 正解はニューヨークヤンキースの松井秀喜選手だ。

 よく見てほしい。にしこりは、松井選手の顔の上半分になっている。「に」は向かって左の目とほお骨の線、「こ」は右の同じく目とほお骨を、「し」が鼻、「り」が耳を表現している。

にしこり

 どうです? よく見て、にしこりが顔に見えたときの快感といったら無いでしょうが。

 さよう。これが「Aha体験」である。あるいはクオリア。
 わかった時には、血管の中に新しい血が流れる感じがしますね。

 こういうものは、本当は人に教えられるのではなくて、自分で発見する方が望ましい。
 その方が感動が大きい。

コメント19件コメント/レビュー

登場する選手の顔が皆目わからないのでリンクされている画像を見たところ、小田嶋氏が15分笑ったという山田暢久選手は、なんと「販売」されていました。トップに貼りついているアマゾンの広告表示が「山田暢久をさらに安く 関東なら即日配送も」。私はこれで15分笑いました。テンプレートになっているのでしょう、名前のところにあれこれの商品名が入るようです。別バージョン、「代金引換配送可能です。 1500円以上国内配送無料」もありましたが、これはタイトルが別についているので山田選手の関連商品、と読むことができて面白くありません。ちなみに他に名前があがっている他の選手ではこのような表示になりません。ただチョン・テセ選手は気の毒なことに、高密度シーツと間違われて「TC表示つき超高密度シーツ専門 アレルギーを忘れて素敵な眠りを」と表示されます。くだらない話ですみません。(2009/06/24)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「本田△」が“読め”れば、ワールドカップもきっと面白い」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

登場する選手の顔が皆目わからないのでリンクされている画像を見たところ、小田嶋氏が15分笑ったという山田暢久選手は、なんと「販売」されていました。トップに貼りついているアマゾンの広告表示が「山田暢久をさらに安く 関東なら即日配送も」。私はこれで15分笑いました。テンプレートになっているのでしょう、名前のところにあれこれの商品名が入るようです。別バージョン、「代金引換配送可能です。 1500円以上国内配送無料」もありましたが、これはタイトルが別についているので山田選手の関連商品、と読むことができて面白くありません。ちなみに他に名前があがっている他の選手ではこのような表示になりません。ただチョン・テセ選手は気の毒なことに、高密度シーツと間違われて「TC表示つき超高密度シーツ専門 アレルギーを忘れて素敵な眠りを」と表示されます。くだらない話ですみません。(2009/06/24)

 「中田□」は、オダジマさんの創作ですか?「中田氏カッケー《笑》」と、解説に「《笑》」を付けているセンスに脱帽です。「スポンサー付き自分探□」とか、「将来的な政界進出への地なら□」みたいに使えば良いんですね? サッカーは興味ないんで本田選手のことは知らなかったのですが、本田△と中田□では世間の賛美両論ぶりに若干差があるのかな、と受け取りました。(2009/06/17)

読後の感想は「ムフフ(ニヤッ)」(絵文字は苦手なので省略)ですな。今回の試合では確かに「本田」の成長は驚くものがありました。間違いなく中田氏以来の、久しぶりの国際規格の選手でしょうね。ただ、日本人は間違えているところがあります。「戦術」か「個性」か?2者択一を迫る様な記事が多いですが、間違いです。世界のトップは両方要るのです。2者択一ではありません。どちらかだけでは勝てないのです。それだけトップはシビアなのです。(2009/06/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長