• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日本が熱狂すればするほどアメリカが儲かる~『メジャーリーグのWBC世界戦略』
古内 義明著(評者:大塚 常好)

PHP新書、720円(税別)

  • 大塚 常好

バックナンバー

2009年6月16日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間50分

 “史上最低レベル”のボーナスシーズン、皆様、いかがお過ごしでしょうか。そんな折も折、金の話をするのは気がひけるのだが、お許しをいただきたい。

 NYヤンキースの松井秀喜選手の年俸は約13億円で、その“給料”は、ドル建てで月2回(年24回)、銀行口座に振り込まれるそうだ。毎月10日と、25日が給料日。1回当たりの振込額は約5400万円ということになる。ちょっとした「宝くじ当選気分」。羨ましい限りである。 

 ただし、松井は今年、4年契約(総額約52億円)の契約最終年。故障の影響か、調子は今ひとつ。崖っぷちに立たされているが、たとえトレードに出されても「入金額」のケタが変わることはないだろう。だって、MLB(メジャーリーグべースボール)の選手の平均年俸は約3億1500万円だというのだから。ちなみに、NPB(日本プロ野球機構)所属の選手の平均は4000万円にも満たない。

 ──といったベースボールの国の巨額マネーの話題が満載なのが、この『メジャーリーグのWBC世界戦略』である。

 選手だけでなく、日本ではほぼお飾りの名誉職である「コミッショナー」も、MLBでは年俸15億円以上という事実など、本書を読むと、米金融業界に似た「桁違い」のスケール感に唖然とすると同時に、あの手この手で金を稼ぎ出すしたたかささに舌を巻く。

 例えば、今春に侍ジャパンが二連覇を果たしたWBCである。日本は決勝で韓国を下し、優勝賞金を得た。しかし、準優勝さえできなかったアメリカはその何倍も儲けたのだ。

 カラクリは単純明快。MLBとMLB選手会はWBCの運営会社として「WBC INC」という法人組織を設立していた。そこで、チケット販売、放映権、記念グッズなどWBCに関連する全ての権利を管理・運営していたというのである。

〈アジア一次ラウンドの主催者はNPBではなく、WBC社から興行権を推定12億円で買ったと言われる読売新聞社ということだ〉

 WBCの収入の柱は、公式スポンサー料、入場料、放映権料。収益のうち、約53%が各国の組織委員会に分配された。その内訳はMLB約17.5%、MLB選手会約17.5%、そしてNPB約7%、韓国野球委員会約5%などとなっている。

〈現役メジャーリーガーの参加なくして、WBC開催は不可能だ。彼らが利益を享受する仕組みがあるからこそ、WBCは開催できるのである〉

MLBの売上は6000億円を超える

 オイシイところはきっちりいただく。そんな強欲さは、超資本主義社会のアメリカらしいが、それは21世紀に入ってから、旧態依然とした殿様商売を、次の100年を念頭に置いたビジネスモデルに再構築してからだという。

 具体的には、「MLB.com」を立ち上げ、インターネットで各球団のHPや選手成績などの閲覧、チケット購入を手軽にできるようにしたり、ネットを通じたラジオ中継やストリーミング放送も全世界から視聴可能にしたり。あるいは、「MLBインターナショナル」としてロンドン、東京、シドニーなどに支社を設け、市場開拓、イベント、ライセンシーなどの業務を活発化させるなど。

 結果、1995年のMLB売上は1000億円ほどであったが、2008年時点でのそれは実に6100億円に達している。さらに、本書で驚かされるのが、このMLBに負けないぐらいたくましく急成長している各球団の姿である。

 1996年から2009年までの間に、メジャーでは実に21球団で買収が行われたのだが、それは「球団買収が儲かるビジネス」という証左でもある。

 メジャー30球団中、「市場価値」1位はNYヤンキース。1973年、当時のオーナーがチームを購入した時は870万ドルだったが、それが現在では約13億ドル(約1300億円)に化けた。イチローが所属するシアトル・マリナーズは11位。1992年に任天堂が1億600万ドルで買ったものが、今では4億6600万ドル(約466億円)となった。

 松坂大輔のボストン・レッドソックスは2002年に新オーナーによって買収されたが、当時、チームには約14億円近くの赤字があったらしい。それでも、2008年には前年比13%増、メジャー3位となる約816億円の市場価値を記録している。

 各球団はいかにしてその価値を高めたのか。著者の分析は明解である。すなわち、「ボールパーク(球場)のディズニーランド化」「球団が傘下に放送局を持つビジネスモデルの確立」「選手構成のグローバル化戦略」の三つだ。

コメント0

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長