• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

インサイト販売店に潜入! プリウスを買う人との違いはここだった!

第4回:ホンダ インサイト【総括編】

2009年6月18日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回「ハイブリッドが2割になればクルマが変わる!? 【開発者編・後編】 」から読む)

 この「走りながら考える」は、実際にクルマに乗って、開発者から直接お話を伺い、最後に販売の現場、あるいはユーザーから“生の声”を伺う三部構成で進めていく、と初回でお話しした。

 今回のリポートはインサイトの巻の“最終回”、販売現場からの声をお届けする。たまたま目に付いた販売店にアポ無しで飛び込んだ“突撃取材”であるので、ホンダの広報や日経BP社、またカーセンサー編集部は一切関知していない。一般客を装ってディーラーを訪れ、冷たいオシボリで顔を拭い暖かいコーヒーをご馳走になりながらお話を伺ったのである。販売店からしてみれば単なるヒヤカシのオヤジになってしまったわけだが、他に客が一人もいない平日の閉店間際だったので、営業妨害はしていないと思う。お店の皆様、お騒がせしてどうもスミマセン(いや別にゴネたり騒いだりはしていませんが)。では早速店内に入ってみよう。

画像のクリックで拡大表示

若手店員君、ごめんね

F:こんにちは。インサイトを見に来たのですが……。

D:はいはいどうぞ。二階が商談ルームになっていますんで、どうぞどうぞそちらの階段からどうぞ。

(いきなり“商談”と言われてヤマグチ多少ビビる)

F:いえあの、今日は下見と言うか、インサイトがどんな感じのクルマかお話を伺いに……。

D:大丈夫です。さ、上にドーゾ。

 日焼けした肌にヘアワックスでツンツンに立てた頭髪。細身のスーツを着た(着こなした、とは言い難い)セールスマン氏がいささか強引に二階に誘導する。

「店長さんはいらっしゃいますか? できれば責任あるお立場の方にお話を伺いたいのですが」

「…あ、そうスか……」

 こういうのは少し感じが悪かったかもしれないが、立場のある方の方がこの店だけでなくエリア全体の事情にも精通しておられよう。しかし残念ながら店長は本社の会議に出席中とのことで不在だった。代わりに対応してくださったのは女性の販売主任だった。

F:今日はインサイトを見に来ました。でも失礼ながら今はプリウスと天秤に掛けていて、どちらを買ったら良いのか決めかねている状態です。プリウスと比べて、インサイトがこれだけイイよ、インサイトを買った方がトクだよ。つまり私を納得させてくれるようなお話を聞かせてください。

画像のクリックで拡大表示

主:ハイ。まずは価格面とドライバビリティ、それから軽さと荷室の広さです。プリウスはキャディバッグが3つ入りませんが、インサイトなら3つまでキチンと収まります。

 立て板に水でスルスルとメリットを挙げるあたりはさすが販売主任。まずは販売マニュアル通りの模範解答、といったところだろう。

F:ドライバビリティとは、具体的にどういう……?

主:車重が軽いことと、重心が低いこと、それにサスペンションの硬さなどです。エンジンは小さいですが、モーターのアシストで1.8リッター車並みの走りを実現しています。

意外にプリウスと比べない。そのワケは?

 数日間にわたりジックリ試乗した私も、その意外な“走りの良さ”に驚嘆したのは試乗記(注目度抜群!「いいですね、ホンダのプリウスでしょコレ!」 )で既報の通り。このあたりの宣伝文句に誇張はない。

F:やはりプリウスと比較する人が多いでしょう。ひょっとするとお客の全員がプリウスと比べているのではありませんか?

主:ええ、プリウスと比較されるお客様は確かに多いです。でも2割くらいのお客様は完全にインサイト指名買いです。ご商談中プリウスのプの字も出されません。

 これは予想外の話だ。実際に腹の中ではインサイトと決めていても、価格交渉のツールとしてプリウスを持ち出さないのだろうか?

F:へぇ? それは意外だなぁ……。そんな人が居るんだ。どんなタイプの人だろう。

主:トヨタさんがキライな人です。

コメント36件コメント/レビュー

遅ればせながら、読ませて頂きました。率直に言って、トヨタなんか、大嫌い!派です。今までも、いつでも、HONDAのNEWモデルをパクリまくり、今回のインサイト対抗でも販売価格は後出しジャンケンで逃げまくり。ハイブリッドを安く造ったHONDAと、高くついたハイブリッドを安く売ったTOYOTAと、本来の技術屋はどちらか?明白じゃないですか!発売時期が逆転していたら、市場はもっと苛烈に反応したのではないか、とふと思います。本来この種のクルマは総合環境性能、即ち燃費をレアアースの消費重量で割った数字で評価すべきです。原油資源を「ゆっくり消費モード」にシフトしても、モータの磁石に必須の貴重なレアアース資源を大食いする車は「似非エコ」に過ぎないことに、消費者は真剣に切り込むべきなのです。プリウスはインサイトの2倍以上のレアアースを食い潰している事を!矢張り世に問うべきは、HONDAの技術の様に技術屋にしか出来ない「エコ」な独創性ではないでしょうか。でもHONDAは、2モータ式も開発するんですよね!TOYOTAに日和った感じですごく惨めですね。。。(2009/08/23)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「インサイト販売店に潜入! プリウスを買う人との違いはここだった!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

遅ればせながら、読ませて頂きました。率直に言って、トヨタなんか、大嫌い!派です。今までも、いつでも、HONDAのNEWモデルをパクリまくり、今回のインサイト対抗でも販売価格は後出しジャンケンで逃げまくり。ハイブリッドを安く造ったHONDAと、高くついたハイブリッドを安く売ったTOYOTAと、本来の技術屋はどちらか?明白じゃないですか!発売時期が逆転していたら、市場はもっと苛烈に反応したのではないか、とふと思います。本来この種のクルマは総合環境性能、即ち燃費をレアアースの消費重量で割った数字で評価すべきです。原油資源を「ゆっくり消費モード」にシフトしても、モータの磁石に必須の貴重なレアアース資源を大食いする車は「似非エコ」に過ぎないことに、消費者は真剣に切り込むべきなのです。プリウスはインサイトの2倍以上のレアアースを食い潰している事を!矢張り世に問うべきは、HONDAの技術の様に技術屋にしか出来ない「エコ」な独創性ではないでしょうか。でもHONDAは、2モータ式も開発するんですよね!TOYOTAに日和った感じですごく惨めですね。。。(2009/08/23)

Honda Insight は TOYOTA のPurius に値段で切り込んだ事、 ハイブリッドメーカーとしてキチット参入した事によりオイル高騰の消費者に購入動機を与えた。 尤も政府のECO減税はFairでないがこれも一押ししているようだ。昔のように数年で新車に乗り換える時代は過ぎている。 ECOだけで高い電気自動車を買う消費者は当分出てこないだろう。日産の電気自動車販売開始を注視したい。(2009/06/27)

隣のクルマが小さく見えますといって、後だしじゃんけんでサニーを叩いたり、レパードの後にソアラを出してみたり、直近だと サイズもスタイリングもストリームとの二番煎じとしかとれないウィッシュをだして、「全く似てません。」などと言ってみたり・・・。トヨタの二番手つぶしの為の後だしジャンケンは DNAの様な物ですね。異なる個性や魅力で勝負するのではなく、あくまで商売として競合相手をつぶす為のクルマづくりをする。商売としては王道なのかもしれませんが、そのようなクルマづくりのあり方でクルマ好きの心をとらえられる訳が有りません。インサイトは スタイリングがプリウスに似ていると言う人も居ますが そう見せかけながら走りの性能などホンダらしさで反撃するという点では ストリームVSウィッシュの意趣返しという感じで溜飲を下げる思いです。(笑)(2009/06/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長