• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

再生し共感する脳の物語

奇跡を起こし愛を分かち合う偉大な臓器

  • 松島 駿二郎

バックナンバー

2009年6月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 人間の頭の中に納められているちっぽけな脳は、しばしば「宇宙」というアナロジーで語られる。脳に関する書物はこれまでも数多くあるが、その中でも取って置きの3冊を紹介しよう。

◇   ◇   ◇

 『奇跡の脳』ジル・ボルト・テイラー著 竹内薫訳 新潮社刊 1700円(税別)

 脳のことは何も分かってない。脳卒中に襲われた時、脳の中でいったい何が起こるのか。先端の脳神経科学者が、自らの体験を基に書いた奇跡的な脳の再生記録。

奇跡の脳』ジル・ボルト・テイラー著 竹内薫訳

 気鋭の女性脳神経科学者ジルが脳卒中で倒れた。脳科学者であるだけに、壊れていく自分の脳を薄れゆく意識の中で詳細に記録した。

 ジルの兄は31歳になった時、統合失調症と診断された。兄はいつも風変わりな行動を取る。ジルはその理由を知りたいために脳科学者になろうと決心し、インディアナ州立大学で博士号を取得した。

 脳神経医学は当時始まったばかりであり、ジルは全精力を研究に注ぎ込んでいった。研究は認められ始め、ジルは早くも世界的権威とまで言われるようになった。

 ジルは1993年の全米精神疾患同盟(NAMI)の総会に出席するためマイアミに赴いた。そして、兄のこともあって深く精神疾患に関わっていく決意を固めた。ジルはマイアミが私の人生を変えた、とまで言っている。前途洋々、順風満帆の人生がジルの前に待っていた。

脳卒中に見舞われた自身を克明に記録

 1996年11月10日朝、いつものように目覚めたジルは、左目の裏から脳を突き刺すような痛みを感じ、すぐ血行をよくするために運動(カヌー漕ぎマシン)を始めた。

 しかし、ジルはすぐに、何かから切り離されていくような感覚に襲われた。心と体の結びつきが、どんどん脆くなるのに気づいていた。

 カヌー漕ぎマシンで、手と足と胴体がバラバラに動いているではないか。

 ジルのこの時の感覚は、脳卒中に見舞われた時の実態を神経学者が書き記した貴重なものなので、もう少し詳しく紹介する。

 歌が好きだったジルは、すぐに、シャナイア・トゥエイン(カナダのカントリー歌手)の歌でリズムを取ろうとした。ところがどのように身体を揺すっていても、心と身体が切り離されているような感覚に襲われた。

 さらに、自分の行動を自分の視点ではなく、外から観察しているようにも感じたという。意識が正常な現実と魔法の空間の間のどこかに宙吊りになっているような感覚を覚えた。

 すぐに身体をあまり動かさない方がよいことに気づいたジルは、シャワー室に這うように行った。水道の栓を開けると、水の流れる音が異様に大きく響き始めた。

 この時点で聴覚の異変に思い至ったジルは、脳神経学者としての自分の脳が壊れ始めていることを知った。言語中枢が自問を始めた。

 「何が起きてるの?」

 「こんな経験したことあった?」

 そうするうちに、言語中枢が静かになった。代わって聴覚野が活動し始めたのだわ、とジルは専門的に分析した。職場に行く服装に着替え、道を思い浮かべた瞬間に、身体のバランスが崩れ倒れた。右手が完全に麻痺してだらりとぶら下がった。

 「わたしは脳卒中を起こしたのだ」

 とジルは理解した。その時の感情をジルは幸福な恍惚状態に宙吊りされているようだ、と述べている。

 今まで誰が自分の脳の中で脳の機能が失われていく様子を、内側から研究したことがあったか、とジルはほとんど有頂天だ。

 そして、右手が麻痺した瞬間のことを、まるで腕がギロチンで胴体から切り離されたように感じた。ジルのこれらの報告は今後の脳卒中患者とそれの治療への、福音のようだ。

 ジルはそれ以降8年に及ぶリハビリの末、脳の再生に成功する。筆舌に尽くし難い苦闘の末に、ジルは脳が奇跡の臓器であることを証明した。

 なるべく多くの人に読んでもらいたい書物だ。

※編集部注 『奇跡の脳』については、こちらの記事も併せてお読みください。

コメント0

「書物漂流」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック