• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「金を払うほうが当然偉い」と、思い込んでいるお客さん

【店に悪い客・ケース04】

  • 吉野 信吾,ロドリゲス 井之介

バックナンバー

2009年6月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 予想をはるかに超えた大不況。「店に来てやっているだけでも、ありがたいはずでしょ」という心情で来店するお客さんも、このご時世ですから増えているかもしれません。お店にとっては確かにありがたい話です。ですが、そういった気持ちが透けて見えてしまうと店側の気持ちも萎えてしまいます。

 「店がお客を選ぶなんて言語道断」
 「金を払う側が優位」
 「お客様は神様だ」

 と、絶対的に思い込む人がますます増えそうです。

 そして店側の人間で、この言葉を額面通りに信じている店長や責任者がいるとしたならば、それはオーナーシェフや実質的な経営者ではない人たちでしょう。すくなくとも「良いお店」の人ではなさそうです。

良いものは高い。これは基本中の基本

 「お金を払う側が偉い」と考えているお店の人間が、よしんば経営者であったならば、飲食を利潤追求のための単なる手段としてしか捉えていない、おそらく大型店や、多店舗展開をしている事業主の可能性が高いのではないでしょうか。「自分が大好きなものを提供したい」という志のもとに、料理人であれ、経営者であれ、職人気質を貫き通してクオリティの高いものを作り続けるといった気概があるならば、こういった感覚にはならないはずです。お店とお客さんは対等なのです。

 「逆じゃないか」って?
  そうではありません。

 例えば「多くの人に安くて良いものを提供したい」と語る経営者もいますが、食材には忘れてならない基本中の基本、大原則があります。

「良いものは高い」
「安すぎるものに旨いものなし」

 ということです。

 つまり絶対値からいって、高い食材の方に良質のものが多く、安いもののなかには少ない(高い安いは同じ食材の中の相対的なもの)。再度付け加えますが、納豆が安いから「まずい」といっているのではなく、同じ納豆でも、味や質の良いものはどうしても高くなる、また、高額な物の方に良い物が多い、ということです。物には相場というものがあり、「安物買いの銭失い」という言葉があるように、あまりにかけ離れた価格の物は実を伴わない、ということなのです。

 これを踏まえると、「良いものを安く」を可能にするには、どうしても大量調達・大量生産・大量消費による、コスト削減が必要になります。

 それがいい、悪いというお話ではありません。

 この連載で取り上げている、個店ベースの場合は、「良いものを安く」は、基本的にあり得ない、ということを理解していただきたいのです。もし、「良いものを安く」を実践しているお店があるならば、そこにはお店の並々ならぬ努力があるはずです。

 そして、信念を持って一店をコツコツ営んでいるお店に対して、その味や雰囲気に満足しているのであれば、また、あなたが自分の居場所としてのお店を求めているのであれば、それを提供している店の主人は決して安易に「お客が偉い」といったセリフを口にしないはずです。仮にそういうことを主張して譲らないお客が、「飲食は、お客がいてこそ成り立つサービス業」だと言い張ったとしても、「でも、その客はあんたじゃないよ」という鋭い一突きを浴びせられることでしょう。

個人経営の「うまくて安い店」はなぜ可能か?

 先ほど述べたように、基本は「良いものは高い」ということです。

「でも僕は、『この味でこの値段は安すぎて申し訳ない!』と思うような店を知っているけど?」

 その通り、そういう店も存在します。基本中の基本を覆したように見える店が実在する。それはなぜか。

コメント117件コメント/レビュー

たとえば、「4×2=8」という記載が本文にあったとして、これを「4の2倍は8」と読んで何の抵抗もなく理解できるものと思っていたら、「×2」の部分を「バツ2」と読んで「離婚歴2回のどこがイケナイというのか!」と怒ったり、「4(し)」と「2(に)」で「死に」と読んで「縁起でもない!」と怒ったりするみたいに、奇想天外というか斬新な読み方をする人がいて意表を突かれることが多く、とってもオモロイです。さらに、「(そういう誤解を招きやすい)書き方を改めたら?」という人まで出てきたりして…。で、それらの本文の趣旨とはあまり関係なさそうだったりする意見でコメント欄が賑わったりするところがオモロさを倍増してくれています。今後もこのような展開が続くと思うと、恐いもの見たさではありませんが、なんだかワクワクしてきます。次回も楽しみにしておりますので、この調子で続けてください。そうそう、忘れちゃいけません。キレイなイラストも毎回ステキです。本文で伝えたいだろう雰囲気を上手に表現していて、とってもイイと思います。(2009/07/04)

「おたがいさまの店選び」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

たとえば、「4×2=8」という記載が本文にあったとして、これを「4の2倍は8」と読んで何の抵抗もなく理解できるものと思っていたら、「×2」の部分を「バツ2」と読んで「離婚歴2回のどこがイケナイというのか!」と怒ったり、「4(し)」と「2(に)」で「死に」と読んで「縁起でもない!」と怒ったりするみたいに、奇想天外というか斬新な読み方をする人がいて意表を突かれることが多く、とってもオモロイです。さらに、「(そういう誤解を招きやすい)書き方を改めたら?」という人まで出てきたりして…。で、それらの本文の趣旨とはあまり関係なさそうだったりする意見でコメント欄が賑わったりするところがオモロさを倍増してくれています。今後もこのような展開が続くと思うと、恐いもの見たさではありませんが、なんだかワクワクしてきます。次回も楽しみにしておりますので、この調子で続けてください。そうそう、忘れちゃいけません。キレイなイラストも毎回ステキです。本文で伝えたいだろう雰囲気を上手に表現していて、とってもイイと思います。(2009/07/04)

コメ数も3桁の大台を超え。大漁、大漁。イイ感じの泥仕合になっておりますな。本文同様、楽しませてもらっております。▼が、それでも。コメント欄だけを見て、『その「わかる人間」があまり多くないのも明白です。』は違います。明白ではありません。そもそもコメントを送る人が少数派なのですから。肯定否定に関わらず。▼当コラムが当たり前、と思って投稿しない人。アホらしい、と思って投稿しない人。コメント欄が正しいサンプリングである確証はどこにもありません。登録制や編集さんの検閲があっても、一方の少数信者が主張を何回も送りつけることも十分可能なのですから。▼確かに滑稽。(2009/07/03)

このフレンチ店での例え話は、昨日掲載された「男女ハイブリッド型経営者、出でよ」の女将の話に通じるところがあります。こちらも合わせて読むと面白いですね。(2009/07/03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長