• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

35. 共感するってそんなに大事?

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年6月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。

 前々回前回、私はシュティフターの長篇小説『晩夏』の、リッチで浮世離れしたふたりの主人公である〈私〉とリーザハ男爵について、それぞれこう書いた。

 定職につかず、好き勝手に思索と研究に没頭する主人公。こんな高等遊民っぷりを紹介するだけでもう、感情移入派の人は
「感情移入できない!」
って投げ出すこと必至である。

おまけに、リーザハ男爵までが、主人公に輪をかけて私どもの日常から遠い存在である。こちとら毎日あくせく働いて、それでも貧乏しているというのに、この男ときたら、下級官吏からエリート官僚にまでのし上がり、しかもその仕事が合わないと言って悠々自適の隠者生活。なんという贅沢か。羨ましくて屁も出んわ。

晩夏 上』(全2巻)、アーダルベルト・シュティフター 著、藤村宏 翻訳、ちくま文庫、1,365円(税込)

 という具合に、『晩夏』のふたりの主人公はどう考えても、世知辛い憂き世で毎日あくせく働いている私なんぞが

「うんうん、わかるわかる」

などと共感できるような相手ではない。

 にもかかわらず、私はこの人たちの人生の物語に感じ入ってしまった。だから何回もこうやって文章に書いている。私はこの小説のことを、過去3回ほどいろんな雑誌に書いているのだ。いい加減しつこいのである。

 このことからわかるのは、共感とか感情移入とやらいうものは、読書で必ずしも大事ではないということ。この話を、今回は書いてみたいと思ったわけです。せっかく『晩夏』の話をしていたわけだし。

*   *   *

コメント14

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長