• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「有能な部下はいらない!」上司の嫉妬と出世欲

2009年6月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 男の嫉妬は本当に、怖い。いや、実際には男・女は関係ないのだろうが、それでもやはり男の嫉妬の深さと、いやらしさを痛感することの方が多いように思う。だって男の嫉妬の多くは、いわゆる「出世」ってヤツに絡む、けっこう醜いものがあるわけで…。そもそも嫉妬という字は、なぜどちらも「女偏」なんだ? どっちか1つでもいいから、「男偏」に変えたっていいじゃぁないか、などと本気で思ってしまうのである。

 「僕たちの年代の多くは、A氏に憧れてこの会社に入ったんです。僕もその1人。僕もあんな仕事をしてみたい、世の中に大旋風を巻き起こしたいなんて、青い考えで入社しました。でもね、そのA氏が晩年どうなったかというと、“窓際”ですよ。昨年定年を迎えて、今は小さな関連会社に行きましたけど、役職はないし、ヒラですよ。要は嫉妬。男の嫉妬は、ホント醜い」

 これは、ある製造関係の会社に勤める知人の話だ。

 「部下はみんな、A氏を伝説の男だと言って、リスペクトしていた。A氏の話に誰もが耳を傾けたし、誰もが彼のまねをした。そういうことも、嫉妬の原因になったんでしょうね。上からはやたらと煙たがられて、あることないことデッチあげられて、つぶされたんです」

 「みんな表向きは、絶対にそういう態度を悟られないようにしてますけどね。でもA氏の扱われ方を見たら、嫉妬以外の何物でもない。サラリーマン社会で出世するには、どんなモノを作ったかじゃないんです。ラインの上司、つまり誰にどれだけ好かれるかってことの方が大事。ゴルフやって、カラオケ行って…。悲しいけど、これが現実なんですよね」

嫉妬の感情は誰でも持っている

 伝説の男を窓際に追いやった、男の嫉妬。自分よりも有能だと思う部下をつぶす上司や同僚たち。こういう嫉妬劇は、何も今始まったことではない。

 例えば源頼朝の義経への仕打ちなんて(いきなり日本史ですが)、誰もが知る過去最大の「男の嫉妬」劇。源平合戦の最大の功労者である義経を、「勝手に判官の地位を得たから」などと “いいがかり”をつけて追いやったのは、嫉妬以外の何物でもない。

 異母兄弟で、もともと「自分の方が上」と思っていただけに、頼朝の自尊心が傷つけられた。自分の方が上であることを誇示したいだけで、相手の足を引っ張った典型だと言えるだろう。

 また、シェークスピアの戯曲「オセロ」などは、嫉妬の怖さを描いた名作だ。ベニスの優秀な武将だったオセロは、副官に任命されなかったことを不服に思う部下イアーゴが画策した、「妻デズデモーナが浮気をしている」という陰謀にまんまとひっかかり、嫉妬に狂い、最後は最愛の妻を殺してしまう。

 嫉妬は人の善悪の判断を狂わせ、道理や理性のすべてを奪い去る。ちなみにオセロの異性への嫉妬心は、オセロ症候群という名で現代まで引き継がれている。

 他人を羨むおぞましい感情である、嫉妬。
 他人をつぶし、最悪の場合、殺してしまうほどの魔力を持つ恐ろしい感情だ。

 「お~、怖い」と、まるで他人事のように言っているアナタだって、いつ嫉妬に狂うか分からない。おそらくすべての人間が、嫉妬という感情を心の奥底に持ち合わせているのだ。

 しかも、心の距離感が近い相手であればあるほど、嫉妬心が強まることがある。相手が上がっていくと、自分だけが置いてきぼりを食らった気になるのだ。特に自己愛が強く自尊心の高い人や、周りの評価ばかりを気にする人ほど、そういう傾向が強まるとされている。

 もともと村社会だった日本では、自分たちの自尊心や自己愛が傷つかないような社会構造を作り続けてきた。出る杭を打ち、みんなで仲良く、普通が一番、という価値観が古くから宿っているため、目立つ人を引きずり下ろそうとする集団心理が働きやすい。

 そういえば私も、中学2年で日本に帰国した時に、「日本って、目立っちゃいけないんだ」と痛感したことがある。“Independence(自立)”をやたらに主張する米国と、“和”をやたらに強調する日本。もちろん和は大切だし必要なのだが、和に過剰な安心感を求めようとするあまり、出る杭が打たれてしまうのだ。

コメント57件コメント/レビュー

どうも『団塊世代』にエンビー型嫉妬が多いような気がする。団塊世代の方々は高度成長を『支えた』人々と思われがちであるが、支えたのはその前の世代。高度成長期に丁度乗っかって、取敢えずは横並びで来られたからこそ、『出る杭』に敏感になっているのではなかろうか?2007年問題や2011年危機など、日本経済に取って『団塊世代』の存在感が高いために色々と言われてきたが、こと会社内に関しては『団塊世代』の引退によって徐々に正常化が為されて来ているのではないだろうか?『嫉妬』による足の引っ張り合いは今に始まった事ではないと思う。今までにも様々な形で行われてきたものが、団塊世代が上司となり、その上の世代が引退して『権力』を手に入れてから表面化したものではなかろうか?制度的な手当ても功を奏しているのであろうが、2007年問題も2011年危機も杞憂に終わるのではないかと感じる。この世代の日本への貢献は確かに多いであろうが、負の側面も本格的に検証して行く時期に来ているのではなかろうか?(2009/07/02)

「ストレスで成長する!~“元気力”のある“健康職場”を目指して~」のバックナンバー

一覧

「「有能な部下はいらない!」上司の嫉妬と出世欲」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どうも『団塊世代』にエンビー型嫉妬が多いような気がする。団塊世代の方々は高度成長を『支えた』人々と思われがちであるが、支えたのはその前の世代。高度成長期に丁度乗っかって、取敢えずは横並びで来られたからこそ、『出る杭』に敏感になっているのではなかろうか?2007年問題や2011年危機など、日本経済に取って『団塊世代』の存在感が高いために色々と言われてきたが、こと会社内に関しては『団塊世代』の引退によって徐々に正常化が為されて来ているのではないだろうか?『嫉妬』による足の引っ張り合いは今に始まった事ではないと思う。今までにも様々な形で行われてきたものが、団塊世代が上司となり、その上の世代が引退して『権力』を手に入れてから表面化したものではなかろうか?制度的な手当ても功を奏しているのであろうが、2007年問題も2011年危機も杞憂に終わるのではないかと感じる。この世代の日本への貢献は確かに多いであろうが、負の側面も本格的に検証して行く時期に来ているのではなかろうか?(2009/07/02)

記事の問題提起はいいものの、解決策の提示がヌルい。いい線までいっているのに惜しい。しかし今回もまた、コメント欄がすこぶる面白い。曰く、「自分が被害を受けた話」「第三者として見聞きした話」「一般論」で、加害者として嫉妬をコントロールできなかったよ、という話が皆無なのが、今の日本をとてもよく表しているなあーと。実は自分が加害者になっているのかもしれないけれども、自覚がないだけなのか(含む自分)。だとしたら、闇はますます深いですね。(2009/06/29)

たしかにこういった構図はよく見受けられるが、視野が狭いように感じる。男性の方がより嫉妬深いというのも根拠がないし、または女性のそれと比較した書き方ではないように感じました。むしろ自分の後釜なり優秀な部下を自慢する上司の方が多いと思います。本当の実力者は上司の寵愛などなくても、自分でどんどん進んでいくのでは?イチローだって日本の環境がいやというわけでなく、ただ挑戦したかった・・・。それに加えて言えば、マリナーズの同僚から憎まれている事実が示すように出る杭が打たれたり敵が多いのは日本固有の問題ではありません。総評すると、根拠のない主張が多いように感じました。あくまで個人的にですが。考え方のひとつとしてはとても興味深いです。(2009/06/29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授