• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

敵は作りたくないけれど――タイガー・ウッズ

I had a mud ball about 4 times today.(今日は4回も“泥ボール”に出会った)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2009年6月25日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

写真:平岡 純

 荒天によるサスペンデッド続きで、いつ第何ラウンドをやっているのかも分からなくなるほど混乱した今年の全米オープン。大会の舞台となったニューヨーク・ロングアイランドのベスページは、まさに水没状態だった。それでも主催者のUSGA(全米ゴルフ協会)はメンテナンススタッフたちと必死の復旧作業を続け、激しい雨さえ降りやめば、なんとかプレーができるコースコンディションに整えた。

 とはいえ、フェアウエイやグリーンに浸み込んだ大量の雨水は、いくら頑張っても全部吸い出すことなどできない。一見、きれいに整備されたように見えても、いざプレーを再開すると、フェアウエイをヒットしたボールには泥が付着し、次打に予測不可能なスピンを与えた。

 すっかり柔らかくなったグリーン上は足跡で表面がでこぼこ。きっちりラインを読み切った、うまくパットできたと思っても、転がり出したボールはワケのわからない転がりになり、トッププロたちがショートパットをボロボロ外すありさまだった。

 もっとも、“ソフト状態”の恩恵を受けて上位に浮上する選手ももちろんいた。だが、メジャーをはじめとするアメリカのビッグ大会の通常のセッティング、いわゆる「最高のコンディション」に慣れている選手にとっては、ベスページの極端な“ソフト状態”は弊害のほうが大きかった。

 弊害を強調した筆頭はタイガー・ウッズ。

I had a mud ball about 4 times today.
(今日は4回も“泥ボール”に出会った)

 米国の主要な新聞やスポーツ関連サイトには、翌日「Mud,Mud....Mad.(泥、泥……激怒)」なんて見出しがあちらこちらで躍った。タイガーのこのコメントをメディア関係者かえら伝え聞いたのか、その後は他選手たちも「ボールに泥が……」を繰り返した。「王者が言ったのならオレたちも言ってしまえ」というノリで、彼らの不満も噴き出したのだ。

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員