• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

過剰なまでの会津愛、出張みやげの王道を往け!

  • 三田村 蕗子

バックナンバー

2009年6月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 豊かな郷土色は、出張先で買い求めるお菓子の大きな魅力。その土地ならではの素材、その地域ならではの歴史的なエピソード、その地方が生み出した偉人や名将などをうまいこと生かした、味的にも満足度の高いお菓子。

 これこそ、出張スイーツの王道です。

 その意味で、今回取り上げる会津若松の太郎庵は申し分ありません。地味なパッケージの下に秘められた過剰なまでの郷土愛と商品開発に捧げる熱い情熱。あっぱれな菓子店です。

 会津若松の菓子店「お菓子の蔵 太郎庵」に足を運ぶと、売り場に氾濫する「会津」にきっと圧倒されるはずだ。

ミルクの風味たっぷりのおまんじゅう「会津夢街道」。プロの評価がやたらに高い。某人気菓子店のおまんじゅうも実はここのレシピを使っている。
画像のクリックで拡大表示
この地味なパッケージがたまりません。こういう素朴さが好きなファンも多いはず。1個94円。
チーズと生クリームとリンゴの相性が抜群の「会津アップルフロマージュ」。2日しか日持ちしないがこの味は要チェック! 8個入り1880円。
画像のクリックで拡大表示

 ちょっと商品名を挙げてみましょう。

「会津の天神さま」
「会津夢街道」
「会津チーズまんじゅう」
「ばーむくーへん会津桐」
「会津藩物語」
「会津アップルフロマージュ」
「会津山塩チョコ」
「バターマドレーヌ会津線」

 「会津」だらけである。「会津」の名が入っていないお菓子を探す方が難しい。

 「会津」なしのお菓子もあることにはあるが、会津産の素材を使っているとか、会津の伝統や慣習にちなんだものだったり、会津ゆかりの人物のエピソードから商品名を拝借したものだったりする。

 例えば、「べこっこ最中」は福満虚空蔵尊の福牛厄除けとして親しまれている民芸品「赤べこ」にちなんだ最中だ。ミルク金時まんじゅうの「きてくたされ」は、アメリカに留学中の野口英世博士(会津が生んだ有名人!)に、母シカが送った手紙の印象的なフレーズを商品名に用いている。

 郷土のゆかりに満ちた商品のオンパレード。まあ、それだけならよくある話だ。わざわざこの連載で取り上げるまでもない。

 なぜか。菓子マーケットにはOEM製品が意外なほど多く流通している。地方の名前が付いているからといって、その地方で生産されているとは限らない。OEM企業が作った菓子に異なるパッケージを付けて、表面だけローカルに仕上げたお菓子は掃いて捨てるほどある。

 しかし、お菓子の蔵 太郎庵は違います。郷土愛は正真正銘、見せかけではない。あふれる郷土愛が商品開発の原動力となり、素朴で垢抜けないパッケージ(すみません)からは想像もできない高い完成度の菓子を生み出しているのである。

 太郎庵の社長、目黒督朗氏は、お菓子作りに関してはとにかく研究熱心だ。「美味しい店がある」「大ヒットしている菓子がある」と聞けば、もういてもたってもいられない。忙しい時間をなんとかやりくりしては視察に出かけ、五感でその菓子を体験し、自ら呼ぶところの「味の貯金箱」を増やしていく。

「新製品の味をデザインする時、自分の中にまず漠然としたイメージが浮かびます。具体的に商品開発に入るときに活躍するのが『味の貯金箱』でしてね。ここに貯めたアイデアからいくつかを引き出して、ミックスして自分なりの新しさとか会津らしさを加えながら、具体的な商品に落とし込んでいくんですよ」

 地味で目立たないが、菓子業界のプロからの評価は抜群に高い「会津夢街道」を例に挙げよう。

コメント1

「三田村蕗子の「出張スィーツ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師