• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

DS対iPhone、携帯ゲーム機ビジネスに嵐

「安心感」と「優越感」の激突

2009年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 携帯ゲーム機ビジネスの未来が、少しずつ見えてきました。未来を読み解くためのキーワードは2つあります。

 「安心感」と「優越感」です。

 「安心感」については、説明するまでもないでしょう。ニンテンドーDSを見ればいい。子供からお年寄りまで、誰もが気軽に楽しめるという抜群の「安心感」があるからこそ、DSは世界中で1億台を超える大ヒット商品になり、携帯ゲーム機の王者として君臨しています。

 一方、DSと比較したときに「優越感」を刺激するマシンとしては、これまでプレイステーション・ポータブル(PSP)が存在していました。より高画質であることを武器に、優越感を満足させてきたのですが、いま、とりわけ北米市場で苦戦しはじめています。

 これは、アップルがiPod TouchやiPhoneをひっさげ、ゲームビジネスに殴りこんできたことに起因します。こちらのほうが、さらに「優越感」を強く刺激するマシンだ! と市場に判断されたわけですね。ちゃんとネットに接続できれば「こんなにも便利で快適になりますよ!」というサービスを用意することで、いつの間にか、全機種合計で4000万台もの普及を達成しました。

 かくして、携帯ゲーム機ビジネスの未来は、「安心感」を武器にするDSと、「優越感」を刺激するiPod Touch・iPhoneが、それぞれの武器を手に、携帯ゲーム機ビジネスを牽引し始めた、という構図になりつつあるのです。

任天堂は街中にオンライン拠点を作り始めた

 きわめて興味深いのは、この両マシン、オンラインに対する考え方が、まったく正反対であることです。

画像のクリックで拡大表示

 この夏、任天堂は、ニンテンドーゾーンというサービスを開始しました。6月18日から、日本全国のマクドナルドで「マックでDS」というサービスをスタート。店にDSを持っていくだけで、オリジナルのミニゲームが遊べて、クーポンがもらえて、体験版ソフトのダウンロードができて、Wi-Fiコネクションに接続できる、といったサービスが受けられます。「ポケットモンスター プラチナ」もしくは「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール」を挿したDSがあれば、幻のポケモン・ジラーチを受け取ることも可能です。

 週末に店を覗いてみれば、大勢の子供たちがDSで遊んでいる姿を見ることができるでしょう。すでに3000店を越えるマクドナルドで、このサービスがスタートしています。

 他にも、つくばエクスプレスの車内および快速停車駅でも、ニュースや占いコンテンツの提供、そして体験版ソフトのダウンロードが可能になっています。日本のあちこちに「DSを持っていくと、便利なオンラインサービスが受けられる場所」が、続々と誕生しているのですね。

コメント3

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「DS対iPhone、携帯ゲーム機ビジネスに嵐」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップの身の丈が組織の限界を作る。

多田 荘一郎 GEヘルスケア・ジャパン社長兼CEO