• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

36. 「共感できない本」を読めないあなたは、共感されたいだけ。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年7月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。前回に続き、共感をめぐって。

 前回書いたように、本を読んでその本に「共感できなかった」とき、それだけを理由にその本を「ダメな本」「自分にとって意味のない本」と見なしてしまう人が、世のなかにはたくさんいる。これはとても恐ろしいことだ。

 誤解されると困るので、ここははっきりしておこう。

 人はだれでも、本に共感できる部分があればそれは嬉しいものだ。私だって鬼ではない。

 私はここで、「本に共感を求める人や行為」を批判しているのではない。

 「共感できなかった本を、それを理由につまらない本と決めつけてしまう人や行為」が問題だと言っているのだ。

 つまり、「共感できるとうれしい」は人情として当然だけど、「共感できないとムカつく」は勿体ないことしてるんじゃないか、という話なのです。

 本、とくに小説や漫画のような物語に「共感できなかった」。

 その一時をもってその小説・漫画を「ダメな小説・漫画」「自分にとって意味のない小説・漫画」と決めつけてしまう人というのは、自分がすでに持っている「共感のツボ」を押してくれる本だけを求めている。

 しかしこういう人の話を聞いたり、あるいはこういう人が書いた感想文を読んだりしているうちに、真相が判明する。

 彼・彼女は、ほんとうは「共感したい」のではなく、「共感されたい」だけなのだ。

 共感されたい。だれにか。まずは作者にだ。

 それから、自分と同じように同じ本に共感している(つもり)であろう他の読者たちにだ(じつは、ここが大事)。

*   *   *

『ホームレス中学生』』麒麟・田村裕 著、ワニブックス、1365円(税込)

 たとえばXさんが、田村裕の『ホームレス中学生』に「共感できる」と思ったとしよう。なぜなら、Xさんもまた親がかりだった学生時代にバブル崩壊のあおりを食って、親の仕事の失敗で家を失った経験があったからだ。その体験は、『ホームレス中学生』の主人公(著者・田村裕)が公園で寝泊りしたほどには悲惨ではなかっただろう。しかしまったく同じではないにせよ、どこかでつうじるものがあった。それでXさんが『ホームレス中学生』を好きになっても不思議ではない。

コメント14

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師