• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

大人が本気でバカをやるから面白い~『自分でやってみた男』
堀田 純司著(評者:朝山 実)

アフタヌーン新書、819円(税別)

2009年7月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

評者の読了時間3時間00分

自分でやってみた男』 堀田 純司著、アフタヌーン新書、819円(税別)

 わが家では、水曜の深夜は「あらびき団」の日ということに決まっている。

 「ライト東野」幸治と、「レフト藤井」隆が司会を務める新人紹介のお笑い番組だが、古くは「世界のナベアツ」や「はるな愛」、最近では神々コントの「モンスターエンジン」や韓国のバックダンサーネタの「アイヒマンスタンダード」などを輩出している。

 この番組、司会の二人を団長に、舞台を「サーカス」に、芸人をさながらピエロや猛獣に見立てた趣向。お笑い界の谷底を大網でさらうかのように、こんなのまでテレビに出すのかというイッパツ芸の芸人たちを次々と登場させるあたりが、他番組との大きな違いだ。

 ぴちぴちの露出ファッションでセクシーダンスを披露する年齢不詳のお姉さん、どこかの町内のジイチャバアチャンたちののど自慢もあれば、自称グラビアアイドルの笑えないひとりトークもありと、タイトルどおり「あらさ」が売りになっている。

 よく玉石混交といわれるが、瓦礫まじりの石ころがごろごろし、それに団長があきれつつ罵倒や酷評を浴びせ、テレビ初出演の芸人たちは団長のリアクションにがっくりしたり、まれにほめられて有頂天になったりする。イッパツ芸の大半は、単体では見るに堪えないが、それを眺めるフレームの外のライト東野、レフト藤井の反応とセットで「くだらない芸」を視聴者が楽しむという、入れ子構造をなしている。

 たとえば、70年代アイドルふうの眼鏡女子「みちゃこ」。可愛いというにはムリがある。「共感してください」と歌うオリジナルソングもかなりキツイ。が、歌い終わってのキメのポーズで、ちらっと視線を流してウィンクした三白眼に、東野が「キモ」といいながら「もう一回、見たろ」と二度、三度と巻き戻させたところから、人気が出はじめた。

 学校であれば、イジメに相当するツッコミであるが、彼女が「笑われた」ではなく「笑いをとった」と自信を獲得してゆくことで、商品化しつつある。つまり、フレームひとつで、どう扱っていいのかわからない廃棄処分寸前の芸人が突然、キャラ化けするあたりが面白いわけだが、そんなことをいっているうちに、なんだかこのごろ「共感~、きょうかぁ~ン」と歌う「みちゃこ」の登場を心待ちにしつつある。

「あれ、やっている人は楽しいかも知れへんけど、読んでいる人は置いてきぼりやで」

 長い前置きになってしまったが、著者は、本書の内容に関して、母からそう忠言されたと記している。母の危惧には無理からぬものがある。

いい大人の、本気のごっこ遊び

 意味不明なタイトルである。

 パラパラしてみると、ダイの大人たちが上半身をはだけて「ラオウ」だ「ケンシロウ」だとかいって写真に納まっている。「北斗の拳」の名場面を「やってみよう」ということらしい。

〈本書では、映画や漫画などの作品をより楽しむ方法論として「自分でやってみる」ことを提唱している〉

 と、著者は巻頭で述べている。身体を張ってなぞることで登場人物の心理に迫ってみようとするのが狙いだという。

 しかし、これは後付けの正当化であって、本当は「ただやってみたかっただけ」だと直後に告白している。ひとを騙せないひとなのだ。

 ページをめくれば、あらわれるコスプレの数々。タプタプ体型のオジサン連中があきれるほど結構マジに取り組んでいる。

 あまりの無心さに、チャンバラごっこを、あるいは戦隊ごっこを思い出す人もあろうかと思うが、ワタシは数年前の、投資会社だかのマッチョなオジサンの戯れを思い出した。

 そのオジサンは、たっぷり集めた金を注ぎ込んで、製作「おれ」監督「おれ」主演「おれ」のやたら火薬が爆発するヒーローアクション映画を東南アジアで撮影し、映画が大ヒットした暁にはカネを倍にして返すとシラを切って捕縛された。

 著者の場合、誰に迷惑をかけるでもないが、女子は人形遊びから卒業してゆくのに対して、男子はいくつになっても「ごっこ」の胸騒ぎが忘れられないのかもしれない。

 ドアにへばりつくゾンビの群れ(映画の宣伝用のスチール写真のようで、なかなかホンモノっぽい。出演者たちが薄気味悪いゾンビをノリノリで演じているのが伝わってくる)あり、「キン肉マン」(好きな漫画というだけあってプロレス技に関する熱意は高い)あり。さらに、エイリアン映画や「グラディエーター」や「タッチ」(分別のある大人は「達也が南に自分の気持ちを告げる」シーンを、わざわざ土手に行って演じたりはしないだろうに)へと、ごっこは広がってゆく。

コメント1件コメント/レビュー

「ガン=カタ」はブルース・リーやジャッキー並にパクられてますから…アクションが好きなら押さえておかねばなりませんよ。(2009/07/02)

「NBO新書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「ガン=カタ」はブルース・リーやジャッキー並にパクられてますから…アクションが好きなら押さえておかねばなりませんよ。(2009/07/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授