• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

37. 「あなたは傷ついている」と言われて癒されますか?

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年7月8日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。「共感」をめぐるお話の3回目。

 前回書いたとおり、本に共感を絶対的に求めてしまう人は、ほんとうは共感したい人だったのではなくて、共感されたい人だった。

 本来、あらゆる文の作者・執筆者と読者とは、個人と個人の関係である。敵とか味方である以前に、まず個人と個人だ。

 ところがどういうわけか、自分が読む文の作者・執筆者に自分の「味方」であることを求める読者が多い。本や記事を読むためにお金や時間を投資したのだから、自分の「味方」になってくれて当然なのだと。これは個人と個人の関係ではない。敵味方で動く世界になっている。

 だから、「パトス的に納得できない」「おもしろさが理解できない」と感じたとたんに、「共感してもらえて当たり前」な思いこみが傷ついてしまうのだ。

 なんてことを書いたので、たぶん前回はいろんな人を傷つけてしまった。

*   *   *

 ウェブ上のネガティヴなコメントは、少数の「冷静で建設的なコメント」と、その他の「内容よりもコメンテイターの被害者意識のほうが強く迫ってくるコメント」に分けられる。

 後者には被害者意識丸出しの権利主張系もあれば、上から目線の高飛車なコメントもあり、冷笑的なコメントもある。全部ひっくるめて、書き手たちはパトス的な納得や共感の輪からはじき出されたことで傷ついている。

 ちなみに上から目線で冷笑的、とは私の文章にも当てはまるようなので、私もいろいろ傷ついているのかしら。まあそれは置いておくとして。

 で、この忙しい世のなかで人がご苦労にもネガティヴなコメントを書くということは、「私はこんなに傷ついているんですよ」と(本人そのことに気づかぬまま)主張する行為となっている。

 コメントの内容はこのさい関係ない。そもそもわざわざネガティヴなコメントをするという行為それ自体が、その人が意識せずとも感じているストレスや傷の徴候なのだ。少なくとも自分の狭い経験では、ウェブ上での批判を読むと、当方の発言がその人を傷つけてしまったことがよくわかる。

 このことを日経ビジネスオンラインの山中さんに話したところ、彼は私の発言の趣旨を理解してくれた。そして先日、ご自身のコラムでこの発言を引用した。

 ところが、当の山中さんコラムについたコメントを読むと、「千野帽子よく言った」「ネガティヴなコメントは傷ついている証拠なのだ。千野のように山中もコメンテイターの傷に共感せよ」(大意)みたいなことになっている。

 ちょっと待ってほしい。

コメント12

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師