• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ピラミッド型で「仕事が面白い」のは、頂点の人だけ

「マクロス・フロンティア」河森正治監督・4

  • 渡辺由美子

バックナンバー

2009年7月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

―― ものづくりの上でのあらゆる可能性を引き出すために、スタッフには「もっと自由にやっていいんだ」と言い続けているということでしたね。けれど、スタッフの側もなかなか最初は“空を黄色く塗る”みたいなことはできなかったという(前回参照)。そこを乗り越えられたから、「マクロスF」はヒットにつながったんじゃないか。そんな仮説が浮かんできました。

河森 “はみ出し者”を相手にしない組織は多いですよ。だから社員もその組織に合わせてものを作っている、そういう思考になっているという気がしますね。

―― そういう組織の中で活気を生む、職場の温度を上げるというのはすごく大変ですよね。

河森 社員が一列に並んで、パソコンの前でカチャカチャとやっているという。クールな方が仕事をしているように捉えられているみたいな気分もあります。でもそれって「仕事をしたふり」をしているだけじゃないの、とも思うんですよ。

―― けれども、そうしないと上の人に怒られたり、居場所がなくなったりするかもしれない。例えば出版社の編集部でも、いろいろな人が出入りして、以前はもっと、笑い声やら怒鳴り声やらいろいろ飛び交って(笑)、ワイワイ作っていたと思います。けれども、社屋のセキュリティが強化された頃からでしょうか、だんだん静かなオフィスが増えていったという印象があります。

静かなオフィスは、虫のいない農場とよく似ている

河森 そうなんですよ。その「静かなオフィス」というのが、単一栽培種の、整然とした“虫も来ない農場”とものすごく似ている気がするんです。

―― 虫も鳥も来ない。雑草も生えない。

河森正治(かわもり しょうじ)
1960年、富山県生まれ。アニメーション監督、メカデザイナー。慶應義塾大学工学部在学中からデザインの仕事をはじめ、スタジオぬえに入社。82年のテレビアニメ「超時空要塞マクロス」で戦闘機がロボットに完全変形する“バルキリー”のデザインを手掛け、84年、映画「超時空要塞マクロス愛・おぼえていますか」で初監督を務める。95年にアニメーション制作会社サテライトの設立に参加。同社にて、「地球少女アルジュナ」(2001年 TV)、「マクロスゼロ」(02年OVA)、「創聖のアクエリオン」(05年TV/07年劇場版)、「マクロス・フロンティア」(08年TV)、「バスカッシュ」(09年TV)などを手がける。現在、劇場版「マクロスF」を製作中。SONYの「AIBO(ERS-220)」や日産のCMに登場した「パワード・スーツ デュアリス」のデザインも手掛けている(写真:星山 善一 以下同)

河森 会社と農業は似ているけれどもちろん違う点が山ほどあるので、単純な話ではないんです。だから、お仕事としての、現状の農業を批判しているんじゃないですよ。人間が働く場所が、「単一栽培種の、整然とした“虫も来ない農場”」と似ているのはまずいんじゃないか、と思っているんです。

 作物を早く大きくするべく過剰な養分を補給して、害のあるものに絶対侵されないように、殺虫剤をまいて、虫を防御して。そうやって考えると虫さえもいない場所なんですね。必要なもの以外は全部壊して、その作物だけで置いておくということが、いかに生物としては不自然な、活気がない状態であるか、と。砂漠に、孤独にその種族だけがいるという。僕が考える職場からすると、面白みがないし、寂しい。

 作物以外の草があって、ほかの生物―― 虫がいて、虫を食べてくれる鳥がいるというときに、そこはオーケストラになっているわけですよね。単一楽器ではなくいろんな楽器が集まっている。

そしてラッパしかいなくなって

河森 今は、単一楽器どころか単音化していますよね。「より純粋で大きな単音を作ろう」という。

 ビオラが出ていき、ピアノが出ていき、俺たちはみんなラッパしかいないんだ、みたいな、全部同じ楽器になって。ラッパも音が揺れているのはだめだから、人工音にしちゃえばいいとか、そういう感覚ですね。

 ノイズを全部排除して、純粋音にしていったら、そんなのは面白いわけじゃないじゃないかというね。

―― それなら同じ音をシンセサイザーで鳴らすのが一番いいということになりそうですね。・・・もしかしたら、それが前回仰った、同種のものだけを足していく“足し算”ですか。

河森 そう。同じ音を並列にたくさん並べて、均質なもので、数で音圧だけ上げていくみたいな。そういう方向性になっているんじゃないかなと。

―― 職場が、いろんな人間が集まる場というよりも、その中で同じことをする人間だけを集めて同じ成果だけを求めているということですね。……なんだか「マクロスF」で登場した、「並列思考ネットワーク」を思い出しますね。

 「マクロスF」の中で非常に興味深かったのが、敵役側が用いる「並列思考ネットワーク」でした。人類が「並列思考ネットワーク」で繋がることで究極の進化を遂げると考えていましたね。人間の個体や自己をなくして並列化することで、他者とのコミュニケーションを取らなくとも速やかに意思統一されて、種として究極の進化を遂げる、という。

河森 ここで言う「並列」というのは、まさしく人間の単音化ということです。均一なものしか許さないという。

コメント3件コメント/レビュー

人間というものには寿命があるのですが、実は、人間というものは細胞の集合体なのだと知って感銘を受けたことがあります。 人間は規律正しい組織を作ることで大きな力を発することができるのだけれども、やはり組織構造に老化は避けられない。老朽化した組織は、一度「単細胞生物」の段階に立ち返って、再発生を繰り返し、世代交代を促すべきなのかもしれません。長く生きている組織というのは、名は継いでいても、実質的には破壊的再生を繰り返しているものなのかもしれません。日本の大企業にもそろそろそれが必要な気がしますし、日本国全体についてもそれは言えるような気がします。組織論以前に、私たち個人がもっと暴れ始めてもいい頃なのかもしれません。(2009/07/21)

「アニメから見る時代の欲望」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

人間というものには寿命があるのですが、実は、人間というものは細胞の集合体なのだと知って感銘を受けたことがあります。 人間は規律正しい組織を作ることで大きな力を発することができるのだけれども、やはり組織構造に老化は避けられない。老朽化した組織は、一度「単細胞生物」の段階に立ち返って、再発生を繰り返し、世代交代を促すべきなのかもしれません。長く生きている組織というのは、名は継いでいても、実質的には破壊的再生を繰り返しているものなのかもしれません。日本の大企業にもそろそろそれが必要な気がしますし、日本国全体についてもそれは言えるような気がします。組織論以前に、私たち個人がもっと暴れ始めてもいい頃なのかもしれません。(2009/07/21)

ピラミッド型システムは、共存が出来ない、という指摘は鋭い示唆に富みます。管理者と別に促進者を配置するという指摘も極めて明晰な組織論ですね。(2009/07/21)

この記事を読んでいると自分のしたいように自由に面白くやらせろと言うように聞こえてくる。 作る側の理論というよりか遠吠えのように聞こえる。 原っぱの虫のように自由にやっていただいても結構。 ただし聞きたい声なのかどうでもいい声なのかうるさい声なのか蚊のような不愉快な音なのか読者、聴衆が判断しますよと云うことである。 締切などどうでもよい、みんなが原っぱのバッタや蛙であり興味深い音を出してくれた時に採用すればいいのだ。 採用された声に対し餌が与えられることになる。(2009/07/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長