• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ドラゴンクエストIX」は、クリアしても“売らせない”

2009年7月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月11日に発売された「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」。みなさんは、もうプレイされているでしょうか?

 もちろん個人的な見解ですが、ネット上の評判では「賛否両論」に見えたりしがちながら、騙されてはいけません。抜群の面白さは健在! ――と評すべきどころか、過去の全シリーズ作と比較しても1~2を争う完成度。「マシンが小型化したのに、じゅうぶん面白い」というレベルではなく、携帯ゲーム機用に作られたことにより、面白さが大きくジャンプアップしました。

7月11日、「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」(販売:スクウェア・エニックス/ニンテンドーDS用ソフト/希望小売価格:5890円税込み)の発売当日の朝には、ショップの前に長蛇の列ができた。

 予約だけで200万本を突破したと囁かれていたにもかかわらず、さらに発売当日の午前7時に大手ショップの前には長蛇の列が作られました。そして発売4日後の7月14日には、スクウェア・エニックスが300万本の出荷を正式にアナウンス。国民的ソフトの名にふさわしいスタートダッシュを達成しています。

 この勢いは、まだまだ続くでしょう。なにしろ、これは携帯ゲーム機で登場される、初の「ドラゴンクエスト」本編ですからね(注:リメイク作品や外伝的な作品は登場済みです)。

 DSを持ち寄れば、最大4人まで同時に遊べます。すなわち、強い人が弱い人を手助けすることが可能。また、すれ違い通信(DSの電源をONにしたまま歩いていると、すれ違った人が持っているDSと自動的に交信する機能)をすると、新たな「宝の地図」がどんどん入手できるというサービスもあります。

 今回の「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」は、多くの人が持ち歩いている携帯ゲーム機ならではの遊びが山ほど入っていて、いつまでも手元に引きつけておきたくなるという仕組みになっている。これが、ロングランヒット達成を後押ししそうな気配なのです。

ずっと「持って」いたくなるシカケが満載

 また、Wi-Fi接続でネットにアクセスすれば、日替わりで商品が変わるショップにもいけます。ここで、本編では入手しづらいアイテムが買えるようになっています。また、週に一度、まったく新しいクエスト(ゲーム内の登場人物から受ける依頼のこと)が配信されます。これは、今後1年にわたり継続して配信されます。長期間にわたり、ずっと遊べるようになっているのです。

 自宅にオンライン環境がなくてもだいじょうぶです。全国のショップなどにあるDSステーション、あるいはマクドナルド店舗などのニンテンドーゾーンに行けば、いつでも配信を受け取ることが可能です。

 もともと、ロールプレイングゲームのような「ストーリーがあり、クリアすることで満足感を得られるソフト」は、クリアしたソフトが中古市場に流れやすいという欠点を持っています。発売後しばらくすると、新品の売り上げにブレーキがかかってしまうことも多く、このため、発売直後にドカン! と売った後、販売数がすぐに頭打ちになるという売り上げ曲線を描くことになったのです。

コメント7件コメント/レビュー

「他のMMOを参考に・・・」という意見が多いですが、私は「動物の森」的な印象でした。物集めゲームのヤリコミ要素が強いような気がします(歴代キャラのコスプレや隠し武器等)。クリア後の要素を増やすことによりラスボスを倒した後もゲームを楽しめる。DQ9はラスボス撃破がスタートな気がします。正直、DQ9のストーリーは他のDQ作品に比べて内容・ボリューム等が貧弱な気がしました。それでもクリア後に自由度が増し、まだまだ楽しめる良作だと思います。賛否両論があると思いますが、他人との繋がりを考慮した意欲作だと感じました。(2009/07/27)

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「「ドラゴンクエストIX」は、クリアしても“売らせない”」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「他のMMOを参考に・・・」という意見が多いですが、私は「動物の森」的な印象でした。物集めゲームのヤリコミ要素が強いような気がします(歴代キャラのコスプレや隠し武器等)。クリア後の要素を増やすことによりラスボスを倒した後もゲームを楽しめる。DQ9はラスボス撃破がスタートな気がします。正直、DQ9のストーリーは他のDQ作品に比べて内容・ボリューム等が貧弱な気がしました。それでもクリア後に自由度が増し、まだまだ楽しめる良作だと思います。賛否両論があると思いますが、他人との繋がりを考慮した意欲作だと感じました。(2009/07/27)

レアなアイテム集めやエクストラダンジョン、8作目では魔法やアイテムの融合といった要素も、ストーリーの本筋とは別に楽しめる要素としてこれまでもありましたね。9作目だけが特別ではないと思います。今回はクエストということでオンラインゲームの要素を取り入れたようですが(自身、9作目は未プレイです)このあたりはそこまで遊ぶユーザーと、ひとまずラスボスを倒すところまでしか遊ばないユーザーとに分かれるのではないかと思います。(2009/07/27)

継続的にネタを追加配信することで「売らせない」様に試みたゲームは、例えばレイトン教授シリーズのように先例があります。ドラクエこそが先駆者であるかのような書き方は、少々正確さを欠くと思います。(2009/07/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授