• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

40. 「わかりません。教えてください」とウェブ掲示板に書きこむ前に。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年7月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のボウシータです。引き続き、世に「共感」とか「理解」と言われているものの話。

 今回は「共感する」からさらに一般化して、広く「わかる」と言われている現象の話をしよう。

 「あの小説はわかる」とか「わからない」などと言う人がいる。では小説が「わかる」ということは、どういうことだろうか。

*   *   *

変身/掟の前で 他2編』 カフカ 著、丘沢静也 訳、光文社古典新訳文庫、440円(税込)

 この連載で、カフカの『変身』(『変身/掟の前で 他2編』所収)について書いた(第29回)。主人公は外回りの営業マンで、平日の朝、なんの脈絡もなくいきなり虫に変身してしまう。

 世界が説明可能なものであると思っている人や、この小説になんの興味もないのに読書感想文とかレポートを書かなければならない学生が、ウェブ上のQ&A掲示板に

「この小説はなにが言いたいんだ? だれか教えて!」

と書いているのを始終見かける。「Yahoo! 知恵袋」とか「教えて!goo」とかmixiの作家コミュニティの掲示板とか。

 主人公は虫になったままベッドにひっくり返って、あー、たりー、仕事行かなきゃ、でも行きたくねー、といったたぐいのことをぐるぐる考えている。ゴールデンウィーク明けの気分にぴったりだ、と以前この連載に書いた。『変身』にそういう「あるある」を見つけるのはもちろんアリだ(だからこの連載ではそういう内容の文章を書いた)。

 けれど、こういう理解は、『変身』をただの「あるあるネタ」にしてしまうという側面がある。大事なのはやはり本文の字面のインパクトだ。共感できるところだけを取り出してほかを捨ててしまうのは勿体ない。

枕草子』 清少納言 著、岩波文庫、840円(税込)

 もちろんただの「あるあるネタ」が文学作品にならない、というわけではない。『枕草子』はいわば1,000年前の教養あるキャリア女子の「あるあるネタ帖」に徹した文学作品だ。また『浮世風呂』はイッセー尾形や柳原可奈子のような「こういう人いるいる芸」に徹した文学作品だ。しかし『変身』は『枕草子』でも『浮世風呂』でもない。

 と書くと、「そうだ、『変身』はただのあるあるネタではなく、現代人が置かれた状況の真実を抉り出した作品なのだ」と言う人がいる。そういう話がしたいのではないよ。

 「現代人が置かれた状況の真実」。この手の物言いはむかしからあった。

コメント16件コメント/レビュー

「私はいまだに、『変身』のどのへんが〈現代人の不安と孤独〉なのか、ピンとこない」というのも、また逆に、ムダに深く考え過ぎているのでは? 他の方のコメントをお借りすれば、「主人公が虫のまま死んで、家族がほっとしちゃったりする」ラストを一語でいえば「孤独」であり、そこで感じた「読後の後味悪さ」とはつまり「不安」への共感ですよね。「深読み」も「誤読」も入る余地が無く、「書かれていない意味」でもなく、はっきりと「現代人の不安と孤独」書かれている。「高級志向な文学論」批判はごもっともなんですが、まず「現に書かれていることを素直に読む」ところから始めてはいかがでしょうか。(2009/08/10)

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「私はいまだに、『変身』のどのへんが〈現代人の不安と孤独〉なのか、ピンとこない」というのも、また逆に、ムダに深く考え過ぎているのでは? 他の方のコメントをお借りすれば、「主人公が虫のまま死んで、家族がほっとしちゃったりする」ラストを一語でいえば「孤独」であり、そこで感じた「読後の後味悪さ」とはつまり「不安」への共感ですよね。「深読み」も「誤読」も入る余地が無く、「書かれていない意味」でもなく、はっきりと「現代人の不安と孤独」書かれている。「高級志向な文学論」批判はごもっともなんですが、まず「現に書かれていることを素直に読む」ところから始めてはいかがでしょうか。(2009/08/10)

「変身の理由が呪いだったりマッドサイエンティストの気まぐれだったり地球外生命体の侵略だったりして、『なーんだ』とがっかりする。」おそらく筆者はあまりSFを読んだことがないのだと察しますが、SF風娯楽映画を見た程度の知識でSFを引き合いに出して馬鹿にするのはやめてほしいですね。カフカのような短編であれば、不条理な突然の状況変化によって異常な非日常に置かれた人間達の心理や行動をいかにリアルに気味悪く描き、それを楽しむというのはSFの一つの醍醐味ではないでしょうか。カフカの虫なんて、星新一のショートショートを読む感覚で楽しめればいいのです。(2009/08/03)

おー、書いてあるものをそのまま読む。行間や空気・・・そんなものはない? ある意味英語的? 「変身」確か高校生くらいの時に読んだはずですが、当時「面白い!」と思ったわたしは・・・変人?(2009/07/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長