• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第5回 サプリメントしたいのは、カラダじゃなくて、ココロの隙間。
~「我慢してきたいろんなこと、ここで一気に取り戻さなくちゃ」

  • 浮世 満理子

バックナンバー

2009年7月29日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

画像のクリックで拡大表示

 電通総研・ウェルネスプロジェクトが2008年8月に実施した健康に関するライフスタイル1万人調査から割り出した、現実によくある「健康に問題あり」の8タイプ。日経ビジネスオンラインの典型的な読者像(42歳男性)である「青山太郎」を狂言回しに、彼を取り巻く8タイプの人はどうすればより健康な生活を送れるのか、そしてそれぞれの人とどう接すれば、悩みから抜け出す手助けができるのかを、心理カウンセラーの浮世満理子氏の監修のもとで考えていきます。自分の健康と、周囲の健康、みんなまとめて、ストレスフルな日々を乗り越えよう!

太郎 浮世先生―!

浮世先生(以下、先生) あら、太郎さん。そんなにたくさん書類を抱えて、ミーティングですか?

太郎 そうなんです。不景気になると、会議の時間が長くなるってホントですね。明るい話ならすぐまとまるのに、ネガティブな話はそうはいかない。あげく、暗い顔を突き合わせて会議を何時間も……。もうヘトヘトですよ。

先生 それで、マイ水筒持参で挑んだというわけですね。

太郎 これですか? 妻に毎朝持たされる健康茶なんです。コーヒーをがぶ飲みするなら、こっちを飲みなさいと、きつく言われてまして(笑)。

●(主人公)青山太郎

今年、会社で受けたメタボ健診結果に打ちのめされている42歳男性。CM制作会社の人事部課長で、妻と子の3人暮らし。厄年を経て、もう若くはないことを実感。周囲を見回しても、心も身体もまさに健康と呼べる人は思い当たらず、彼らとの人間関係も悩みのタネ。人事部課長として、あるいはひとりの人間として、心理カウンセラーの浮世先生に相談に乗ってもらっている。

先生 奥様も太郎さんの身体を心配していらっしゃるのよ。で、どんなお茶なんですか?

太郎 さぁ……。そう言われてみると、何て言うお茶なんだろう。これじゃ、毒を飲まされても、気がつきませんね(笑)。実は妻がこの手の健康食品に詳しいものですから、任せっぱなしなんですよ。でも、コーヒーをがぶがぶ飲んでいたときよりは、胃腸の調子もいいような……。

浮世先生

先生 それじゃ奥様も、やりがいがありませんね(笑)。

太郎 でも僕はちょうどいい実験台なんじゃないですかね。ウチのヤツはこの手のものに目がなくて、テレビや友達の口コミで聞いてきたサプリとか、美容法とか、健康法とか、片っ端から試してるんですよ。まあ、目的は「健康」なので悪いことじゃないし、健康志向のヘンな料理が出てきたり、サプリやなんかで無駄遣いしても、僕ができない家族サービスの代わりと思って、目をつぶってます。何より、サプリの話になると本人が生き生きしてますからね。やりたいだけ、どうぞ、と。

先生 奥様はお身体の調子は、実際いいのかしら?

太郎 そりゃあ、あれだけ投資してるんですもん。ただし、シワとか白髪とかは、当然増えてきますよね? すでにそういうものに神経質になりすぎているフシがあるので、これからもっと年を取ってきたら、どうなっちゃうんだろうと心配ではありますね。あ、もし今お時間よかったら、妻のカルテ、見ていただけます?

コメント5

「「渡る世間はお疲れだらけ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授