• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

実感できたこと――ビジェイ・シン

That gave second life to everybody.(みんなに第2の人生を感じさせてくれた)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2009年7月30日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 考えてみれば、昨年、ビジェイ・シンが米PGAツアーのプレーオフシリーズ総合優勝を成し遂げたとき、人々は「もう45歳なのに若い選手たちを抑えて・・・すごいなあ」と感嘆した。

写真:平岡 純

 もう45歳――2008年は全英オープンで当時53歳のグレッグ・ノーマンが優勝争いを展開する「波乱」があった。けれど、最終日の1番ホールからピリピリしていたノーマンは、出だしの3ホールを3連続ボギー。その様子を眺めながら、「やっぱり年齢には勝てないのだろうか」と思ったものだ。

 「年齢には勝てない」というのは、年齢なりの肉体の衰えによって「勝てない」というだけの話ではない。すでにシニア年齢の選手が、レギュラーツアーのメジャーで優勝に王手をかけるなんて珍事は、本人だって周囲だって、そうそうあることではないと当然思う。そして、シニア年齢の本人は「オレの一生の中で、これが間違いなく最後のチャンスだ」と思う。もう後がない・・・その切羽詰まった気持ちが、何かを狂わせるのだと思う。

 だからノーマンは最後の最後に勝利を逃し、「来年のマスターズでの活躍も期待していいか?」とメディアに問われると、「もはやタイムアウトだ」と悟ったように答えた。

 そんな中、「まだ先がある」と思えるぎりぎりの年齢は、もしかしたらシンのような40歳代半ばぐらいなのかもしれないなと、昨季の最終戦ツアー選手権では思っていた。

 そして今季。マスターズで48歳のケニー・ペリーが優勝に迫り、やっぱり最後の最後に勝利を逃した。そして先週の全英オープンでは59歳のトム・ワトソンが72ホール目まで大会をリードした末、プレーオフで敗北し、勝利を逃した。

 今年の全英オープンでワトソンが世界に示したものは何だったのか。その答えをシンはこんな一言で表現した。

That gave second life to everybody.
(みんなに第2の人生を感じさせてくれた)

コメント0

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

子会社とどう向き合うかで、その企業のガバナンスを判断できる。

牛島 信 弁護士