• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

人類の足跡を明かす「大いなる旅」に出よう

  • 藤田 宏之

バックナンバー

2009年8月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「人類の物語は、DNAのA、C、G、Tという、たった4文字(4種類の塩基)で記されています」。こう話すのは、「ジェノグラフィック・プロジェクト」を進める遺伝学者のスペンサー・ウエルズ博士です。

 「人類の物語」とはいったいどういうことでしょうか?

Photo by David Evans © 2006 National Geographic Society
2005年11月、アフリカ・チャドで頬の内側からDNAサンプルを採取するスペンサー・ウエルズ博士。

 地球上に生命が誕生したのはいまから40億年も昔のことではないかといわれています。その後、進化と絶滅を繰り返しながら、多種多様な生き物が暮らす現在の地球に至っています。その壮大な歴史の中で、我々人類はほんのちっぽけな存在なのかもしれません。それでも、数々の苦難を乗り越えながら、この惑星のほとんど全域にその足跡を残しつつあります。

 はるか昔、アフリカで暮らしていた我々人類の祖先は、ほんのひと握りの集団で旅立ち、何万年もの時を経て世界各地に定着してきました。現代人の遺伝子を調べて、その「大いなる旅」のルートを解き明かす、地球規模のプロジェクト。それが、米国ナショナル ジオグラフィック協会が2005年から地球規模で実施している「ジェノグラフィック・プロジェクト」です。

Photo by David Evans © 2006 National Geographic Society
2005年11月、アフリカ・チャドでで、断食月の終わりを祝い、街から出てきた人たちを見守るスペンサー・ウエルズ博士。

 プロジェクトを発案し、指揮しているのは、ナショナル ジオグラフィック協会の協会付き研究者で遺伝子学者のスペンサー・ウェルズ博士です。調査の手法は、骨や化石を発掘して検証するという、人類学の分野での一般的なやり方ではありません。地球上の各地に暮らしている現代の人間のDNAサンプルを採取して、そこに刻み込まれた情報をコンピューターで解析するというものなのです。

コメント0

「ナショナル ジオグラフィック日本版 夏休みスペシャル 大人の自由研究」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック