• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

最後のお礼――タイガー・ウッズ

The same people at the same hole.(同じ場所で同じ顔をいつも見てきたんだ)

  • 舩越 園子

バックナンバー

2009年8月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 全英オープンでプロ入り以来2度目のメジャー予選落ちを喫したタイガー・ウッズが今季最後のメジャー、全米プロへ向けて「3週連続試合出場」の予定を組んだと聞いた時、「えっ?」と驚いた関係者は多かった。

写真:中島 望

 そもそもタイガーはメジャー前週の大会には出場せず、オフを取ったうえで、肝心のメジャーに臨むのが通例。しかし、今年の全米プロの前週はWGC-BS招待というビッグ大会ゆえ、これに出場するところまではうなづけた。

 しかし、そのまた前週、つまり先週のビュイック・オープンにも出場して「3週連続休みなし」の強行軍を王者が敢行するとは・・・よっぽど不調なのだろうか? それぐらいやらないと全米プロまでに調子を戻せないということだろうか? 様々な憶測がはびこった。

 そんな周囲の不安げな声が聞こえていたのか、いないのか。ともあれタイガーはビュイック・オープンに出場。初日こそ95位タイと大きく出遅れて、「やっぱり、やばいよ、タイガー」と言われたものの、2日目には4位タイへ浮上。あれよあれよという間に通算69勝目を挙げた。

 既にタイガーと米ゼネラル・モーターズ(GM)のビュイック部門との9年間に及んだ契約は昨年末で切れている。ビュイック・オープンに出場しなければいけないという義務は、もはやタイガーには無かった。それなのにメジャーへ向けて3週連続というタイガーにしては珍しい「ハードスケジュール」を組んだ背景には、2つの理由があった。

 1つは、周囲が心配していた通り、狂い気味のスイングを試合という場において調整するため。「前回の試合(全英オープン)に比べれば、今週は格段にいいスイングができた。確実に上向き始めた」。タイガーはそんな手応えを得ていた。

 そして、もう1つは、長年お世話になったGMのビュイックが今年限りでスポンサーから撤退するという事情をくんでの思いやりと感謝の気持ちだった。

The same people at the same hole.
(同じ場所で同じ顔をいつも見てきたんだ)

コメント1

「米国ゴルフツアー “たった一言”ストーリー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック