• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「モンハン3」がほんとうに狙う獲物は?

Wii、PSP版モンハン、両方の課題を越えるチャレンジ

2009年8月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この夏、最大の注目ソフトは、8月1日に発売された「モンスターハンター3(トライ)」でしょう。

巨大なモンスターを、仲間と協力して狩っていくハンティングアクションゲーム「モンスターハンター3(トライ)」。発売日のショップには熱気があふれた。販売:カプコン/8月1日発売/7340円(税込み)。

 プレイステーションポータブル(以下PSP)用ソフトとして、とくに若いゲームファンからの絶大な人気を獲得した、まさしく「モンスター」級ソフトの最新作です。「モンスターハンターポータブル2ndG」は、低価格版もあわせると、なんと国内で300万本ヒットを記録。「第2のポケモン」と呼ばれるほどの、圧倒的なブランド力を持っています。

 このビッグタイトルの最新作が、ついにWiiに登場しました。初日の出荷数は100万本を越えたと公式にアナウンスされるなど、なかなかの加熱ぶりを見せています。もちろん、発売当日の大手ショップの前には、長蛇の列が作られました。据え置きゲーム機用ソフトで、任天堂以外のメーカーが、これほどの熱気を生み出したのは、ひさしぶりのことです。

画像のクリックで拡大表示

 任天堂も、かつてないほどの厚遇で、Wiiに「モンハン」ブランドを受け入れる体制を整えています。ソフト発売のタイミングに合わせてWiiの新色「Wiiクロ」を発売。また、従来のシリーズファンのために、新型のコントローラーも用意しました。任天堂が、他社ソフトに対し、ここまでのバックアップ体制をとるのは、過去にほとんど例がありません。

 他社のビッグタイトルが成功していないWiiで、初のビッグヒットを目指すカプコン。そして「任天堂ソフトしか売れにくい市場だ」というイメージを払拭したい任天堂。「モンハン3」の発売は、両者が二人三脚で成功を狙うプロジェクトになっているといえましょう。

任天堂とカプコンの蜜月

 この動きは、最近ニュースで報じられた、任天堂の業績悪化のニュースとセットにして考えると、わかりやすいでしょう。

 2009年4~6月期の、任天堂の業績は大きくダウンしています。連結決算は、売上高が前年同期比40.1%減、最終利益が60.6%減という大幅な減収減益となりました。とりわけWiiの販売台数が、昨年同時期の517万台から223万台になっているのが目立ちます。

コメント2

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「「モンハン3」がほんとうに狙う獲物は?」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員