• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「みんな勝ち」の未来へ急発進! 時速370kmの電気自動車

第9回:エリーカ【清水 浩 慶應義塾大学教授・前編】

2009年8月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回の「走りながら考える」は、いつもとは些か趣を変えて開発途中で未発売のクルマに乗ってみた。慶應義塾大学が主体となり産学協同で造る未来の“スーパー電気自動車”「エリーカ」である。

 そもそも何が“スーパー”なのか? 先ずはそのカッコである。

画像のクリックで拡大表示

 小径タイヤを8つ並べた特異なレイアウト。シトロエンの傑作車DSを彷彿させるモダンクラシカルなデザイン。そして圧倒的な動力性能。8つのタイヤの内側には、それぞれ出力100馬力のモーターが直結されている。100馬力×8で都合800馬力。セッティングによって大きくその数値は変わるのだが、最高速仕様にすると、時速370km/hを越える。しかしエコこそが第一義であるべきはずの電気自動車に、かようなバカ力を与える必要が果たしてあるのだろうか。その理由はエリーカを開発する慶應義塾大学電気自動車研究室のホームページに掲載されている。以下引用。

「電気自動車はこれまで、性能が低くて実用的でないとされてきました。その評価を一挙に覆すには最高速度の高い車を作れば良いと思いました。それで、Eliicaは最高速度400kmを目指しました。結果的には最高速度は370kmになりました。」

画像のクリックで拡大表示

 う~む、単純明快。確かに電気自動車というと静かだが遅い、走っても全然楽しくない“電動カート”のイメージがつきまとう。圧倒的に速いクルマを造って、そんなマイナスイメージは一掃してしまえ、と言う訳だ。それにしても目標400km/hとは……。ずいぶん途方もない数値を掲げたものだ。さすが慶応、陸の王者。

「Eliicaの最大の特徴の1つは加速です。スタート時から時速約90kmまで0.68Gの加速度で加速します。これは物が落ちるときの加速度の0.68倍に相当します。」

 実際エリーカに試乗(運転はさせてもらえず、助手席で)させて頂いたのだが、このクルマの加速は本当に凄まじい。何しろ800馬力の8輪駆動。よくスーパーカーの試乗記などで、「シートに身体が押し付けられる」という表現を見掛けるが、本当にその表現がピッタリなのだ。下の画像をクリックすると、動画がご覧いただける。

動画への入り口
画像をクリックすると動画をご覧いただけます。(WMV形式)
提供:慶応義塾大学電気自動車研究室

 ホントに乗った経験から言うが、GT-Rよりもポルシェ911ターボよりもガツンと来る。実際に0-160キロ(停止状態から時速160km/hに達するまでの時間を計測する)の実験では、レーシングドライバー片山右京氏ドライブの元、7.04秒という驚異的なタイムを叩き出している。これは、ポルシェ最速のGT2(7.40秒)より速い。

開発者の清水浩教授から後日届いたメール:「ごめんなさい。気が利かなくて。運転してもらえばよかった。というのは、ガソリン車で高い馬力が出る車は運転がとても難しいです。ところが、この車は運転がとても簡単なんです。最近では藤原紀香さんがテレビの撮影で運転してくれましたが、違和感なく乗れる車だといってくれました」)

 しかしこのエリーカ、レースに勝つために造られたクルマではない。世間をアッと言わせ、注目を集めることにこそこのクルマの意義が有るのだ。そして注目が集まった暁には……そこからさらに世間をアッと言わせる壮大なプランが背後に控えているのである。

 さてさて、それでは早速このクルマの仕掛け人である、慶応義塾大学環境情報学部の清水浩教授にご登場いただこう。清水教授は何を考え、どこを目指してクルマを造るのか。クルマにエネルギーに環境問題に……。アッと驚き、ナルホドと唸らされる、清水節を堪能されたし!

* * * * * * *

F:清水先生、この度はお忙しい中お時間を頂きましてありがとうございます。

:こちらこそありがとうございます。

F:まず始めに、先生が「クルマ」をどのように捉えていらっしゃるかをお伺いしたいと思います。クルマはどうあるべきか、あるいはどうしたら楽しくなるのか。先生のご著書も読ませて頂きましたが、ここで改めて、先生が何を目指してクルマを造っておられるのかを教えて下さい。

「加速」「広さ」「乗り心地」、クルマの条件はこれだけ!

清水浩教授の新刊
脱「ひとり勝ち」文明論

:私は単純にクルマが好きなので、そのクルマ好きの自分が「良いなぁ」と思えるようなクルマ造りです。

F:それは具体的な言葉にすると、どのような要素でから成り立ちますか。

:「加速感」「広さ」「乗り心地」。この三つです。突き詰めるとクルマってそれれしか無いでしょう。

F:え、それだけですか。

コメント15件コメント/レビュー

「10年後にこういう電気自動車が実用化されていくといいですね」と語っていた時代ならともかく、米国ではTESLAが、日本でも三菱が実際に販売を開始している現状で「夢」を語られても。(2009/08/26)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「みんな勝ち」の未来へ急発進! 時速370kmの電気自動車」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「10年後にこういう電気自動車が実用化されていくといいですね」と語っていた時代ならともかく、米国ではTESLAが、日本でも三菱が実際に販売を開始している現状で「夢」を語られても。(2009/08/26)

未来に対する夢にあふれた記事をありがとうございました。異業種からの参入に対して、困難さを指摘される方も居られますが、現代は昔に比べると、きわめて簡単にノウハウの獲得ができます。企業買収までしなくても優秀な方々をヘッドハントしたりすることはそれほど難しくありません。特に日本以外のキーマンを採用することは簡単にできます。中国では車の生産も日本を抜きそうですが、それもノウハウの移動によって短期間にできました。よって事業としての戦略さえ自信が持てれば、電気メーカー以外も参入して市場活性化に貢献することでしょう。(2009/08/25)

う~ん、厳しいコメントをする皆さんもいらっしゃるのですね。できれば、新分野における開発過程を御理解いただき、もっと暖かい目で見てあげればと思うのですが。電気自動車って、実用車が期待されていますが、未だその段階ではないのは、皆さん、御承知でしょう。エリーカにしろ、一般販売のIミーブにしろ、基本的には、プロトタイプ以前の実証モデルの段階、つまり、可能性の検証とそのデモンストレートですよね。その次の商品化モデルの開発には、バッテリー等の性能問題や量産時のコスト問題(現行ガソリン車等と同等レベルへの)の解決が見えていないので、もう少し先の事と思います。 ですから、不要な予断は避けるべきと思いますが、如何でしょうか。(2009/08/25)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長