• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「非・匿名」の羊はそっと眼鏡をかける

誰もが石で打たれる場所で

2009年9月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 面倒くさい展開になっている。
 簡単に要約すれば、前回の記事に反発の声が上がっているのだ。

 とはいえ、ここまでのところは、想定の範囲内だ。
 荒れることは先刻承知。話題が話題だったのでね。

 ネトウヨであるとか、ねらーであるとか、そういった人々を題材にした以上、ムカつく人はムカつくはずで、そのムカついた彼らのうちの行動的なグループは、何らかのカタチで自分たちの感情を表現しにかかる。昔から繰り返されてきたことだ。

 で、まず、ここのコメント欄が荒れた。
 私は全コメントを読んだわけではないが、担当編集者は、当然、すべてに目を通していて、それで、たいそうアタマに来たらしい。

「いや、本当にひどいコメントがあるんです」

 見当はつく。私とて、読んだらアタマに来るだろう。
 だから、読まなかった。
 逃げた、と?
 当然じゃないか。
 どうして闘う必要がある?

 が、コメントは、私のブログにも届いていた。
 知人から

「ブログが荒れてますよ」

 というメールをもらって、見に行ってみると、なるほど、失礼な書き込みが並んでいる。

 炎上とまでは言えないが、荒れた状態だ。
 エンジョイ・ファイアワークス?
 無理だね。
 やっぱりアタマに来る。

 でもまあ、「荒れる」と「売れる」の間には、一文字の違いしかない。荒れる容れる売れる得れる折れる――と、わたくしどもは、かくのごとき有為転変の業界に生きる者だ。売文を業とする以上、文字に付随するところの私事は敵の手のうちにある。そう思わねばならない。
 Confusion will be my epitaph.
 メルマガのようなメディアは、荒れてナンボぐらいな根性で仕事にかからないとはかばかしい結果は得られない。これでなかなか厳しい稼業なのである。

 で、当エントリーは、おかげさまをもって、過分なページビューを稼ぐに至った。
 
 罵声もまた投げ銭のひとつと考えるのでなければ、大道芸人はつとまらない。その意味では、めでたしめでたし……と考えることも不可能ではない。

 さよう。

「あのね。悪いけど、このテの嫌がらせは痛くもかゆくもないよ」

 と、言い返したいのはヤマヤマだ。
 が、本当のことを言う。
 このテの嫌がらせは、実は、痛手だ。

 嫌がらせは、いつでも必ず一定の効果を発揮する仕事だ。それがどんな稚拙なイジメであっても、だ。

 というよりも、嫌がらせは、粗雑であればあるだけ効果が顕著であったりする。
 なぜなら、罵声は理性に訴えるものではなくて、感情に響くものだからだ。

 その意味で
「おまえのかーちゃんデベソ」レベルの罵倒が、最も直截にこちらの心にコタえる。
 これはどうしようもない。
 実際のところ、嫌がらせには、一文字で足りる。

「プ」

 と、この一文字をタイプして、私のブログのコメント欄なりに投稿すればオダジマの心根には、確実に一文字分の嘲笑が届く。

「でぶ」

 と二文字タイプする手間を惜しまないのなら、さらに強力な効果が期待できる。

 これを打ち込まれると、当方は確実に憤懣やるかたない気持ちになる。つまり、嫌がらせは大成功。しかもノーリスクだ。

 嫌がらせを実行した諸君の中には日経BP社の読者サービスセンターにメル凸を敢行する人々もいた。
 カンの良い連中だ。
 きちんとこちらの痛いところを突いてくる。
 内容は以下の通り。

コメント93件コメント/レビュー

こんばんは 小田嶋さんしばらく前から記事を楽しませてもらっている者ですがいきなり大変な目に遭ってるようでなんとも言いようがない。いつの間にか日本がこういう国に落ちぶれのか。。。言葉を失います。こういうとんでもない相手に対しては”異性の相手も持てないでひとりでマスターベーションに満足している孤独者”と考えるしかないようです。頑張ってください。少なくとも小田嶋さんの視点というか外し方が大好きな人間がここにもいるってことをバネに。。。(2010/02/12)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「非・匿名」の羊はそっと眼鏡をかける」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

こんばんは 小田嶋さんしばらく前から記事を楽しませてもらっている者ですがいきなり大変な目に遭ってるようでなんとも言いようがない。いつの間にか日本がこういう国に落ちぶれのか。。。言葉を失います。こういうとんでもない相手に対しては”異性の相手も持てないでひとりでマスターベーションに満足している孤独者”と考えるしかないようです。頑張ってください。少なくとも小田嶋さんの視点というか外し方が大好きな人間がここにもいるってことをバネに。。。(2010/02/12)

「2ちゃんねる」にも、究極の予防法があります。『見ないこと・行かないこと』です。そう「君子危うきに近寄らず」です。私はニフティーサーブ時代からパソコン通信歴15年になり、2ちゃんねるが出来る前からのネット住人ですが、「2ちゃんねるとコミケには手を出さない」を貫いています。もっとも、このアドバイスは小田嶋先生には「アフター・ザ・フェスティバル」ですが(^^;(2009/10/27)

叩かれ慣れると、気にならなくなりますよ。と、遠い目をする。(2009/09/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長