• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「世界だ」と思い込んでいた場所の外に、青空が広がっていた

『小論理学』ヘーゲル著

2009年9月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

え、「弁証法」って自分で作れるの?

「弁証法」とは、「対話をモデルとした思考法」のことだ。

だから、対話風の考え方をすれば、すべて「弁証法」と呼ばれる資格がある。

「プラトンの弁証法」「キルケゴールの弁証法」といった言い方もするし、山田くんが独自に対話式思考法を開発すれば、それは「山田の弁証法」と呼ばれてもおかしくない。

しかし普通「弁証法」と言えば、それはヘーゲル(1770-1831年、ドイツの哲学者)の弁証法だ。

ヘーゲルの弁証法は役に立つだけでなく、スケールが大きくておもしろい。なにしろそれは、「対話をモデルとした思考法」というだけではなく、さらに「(対話の進展に似ている)物事の変化・発展の法則性」をも指しているのだ。

 弁証法の正しい理解と認識はきわめて重要である。それは現実の世界のあらゆる生命、あらゆる活動の原理である。

三項図式で、コーヒーがカフェオレになった

ヘーゲル弁証法の第一の特徴は、思考や物事の発展を三段階でとらえることだ。 たとえば、次のように。

●例A

(1) ぼくは、目覚ましにコーヒーを飲もうと思った。
(2) しかし「健康のために牛乳を飲むべきだ」と妻に言われ、どうすべきか悩みに悩んだ。
(3) 結局カフェオレにしたら、目も覚めたし、体にも良かった。

最終的には、ぼくの希望と妻の意見両方の「良いとこ取り」をしたベストの結果になった。

上の例を抽象化し、骨格を取り出すと次のようになる。

(1)ひとつの意見がある。
(2)その反対意見が出て、対立する。どちらが正しいか迷う。
(3)対立する意見を統合して、第三の、より優れた意見になる。

「(1)→(2)→(3)」と進展していく、その各段階で出される意見を「正・反・合」「テーゼ・アンチテーゼ・ジンテーゼ」と言ったりする。

「涙の数だけ強くなる」のが、弁証法的発展

もうひとつ例をあげよう。

●例B

(1) 彼は彼女に夢中。「彼女はステキな女性だ、長年追い求めた理想の女性そのものだ」と友人に話す。
(2) 友人は否定的な意見を言う。「おまえは現実を知らない。彼女がどれほど悪い女か、これまでどんなことをやってきて、泣いた男がどれだけいることか」と。
まるで眼前に壮大な悪の絵巻が展開されて、その恐るべきアンチ・ヒロインとして彼女が君臨しているようだ。彼の恋心は真っ向から否定された。彼の気持ちは揺れ動く。
(3) やがて落ち着きを取り戻した彼は、「いろいろな経験をして、たくましく生き抜いてきたからこそ、彼女は最高にステキな人になったのだ!」と彼女の魅力を再確認し、あらためて夢中になる。

(3)は「彼女に夢中」という点では(1)と同じだ。
異なるのは、(1)の段階では知らなかった否定的な見解を知ったうえで、すべて承知し、なお肯定していることである。

これは強い。今後どんなに悪いウワサを聞いたって、そんなことは既に了解しているのだから、愛する気持ちは1ミリたりとも揺らぐことはない。

コメント3件コメント/レビュー

一人で、頭の中で、自分の世界の中で、どんなにがんばっても、所詮はその中のこと、 ということでしょうか。(2009/09/15)

「生きるための古典 ~No classics, No life!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

一人で、頭の中で、自分の世界の中で、どんなにがんばっても、所詮はその中のこと、 ということでしょうか。(2009/09/15)

ヘーゲルと人生が、縦横に語られている。これは、新しいスタイルではないか。(2009/09/15)

仏教の説話でも同じ様な話が出て来ますね。 宗教と哲学は似ています。岡さんが感じた空の色は、やはり建築現場の人との、「体で得た哲学を持つ人」としてのふれあいが大きいと思うのです。 人間の経験を通して得た感情や価値観がすべて哲学足り得る様に、体を使って出来る作業が自身の身の程の根底で有ると言う認識を持って物事を判断する事は、忘れてはいけないものだと思うのです。 ウダウダ言うのも、実は好きなんですけどね。 ホントは。(2009/09/15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長