• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

第8回 美容のことなら、ワタシに聞いてね!
~健康マニアなのに不健康。いつもイライラ気味なのはなぜ?

  • 浮世 満理子

バックナンバー

2009年9月16日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

画像のクリックで拡大表示

 電通総研・ウェルネスプロジェクトが2008年8月に実施した健康に関するライフスタイル1万人調査から割り出した、現実によくある「健康に問題あり」の8タイプ。日経ビジネスオンラインの典型的な読者像(42歳男性)である「青山太郎」を狂言回しに、彼を取り巻く8タイプの人はどうすればより健康な生活を送れるのか、そしてそれぞれの人とどう接すれば、悩みから抜け出す手助けができるのかを、心理カウンセラーの浮世満理子氏の監修のもとで考えていきます。自分の健康と、周囲の健康、みんなまとめて、ストレスフルな日々を乗り越えよう!

浮世先生 あら、太郎さん、こんにちは。

太郎 いつもお世話になってます。研修の担当のヤツに、先生が今ここで休憩中と聞きまして。

先生 ちょうどよかった。一息入れていたところだったんですよ。

太郎 実はちょっとご報告がありまして……。

先生 まさか、奥様がとうとう出て行かれたとかではないですよね?

太郎 いえいえ、それはまだ大丈夫です(笑)。先生のアドバイスのおかげで、夫婦の会話も増えてきましたし。実は人事部で組織替えがあって、研修の担当をはずれることになったんです。来週から僕の机も、1丁目のビルに移動することになりまして。

先生 そうだったんですか。じゃあ、こうしてお目にかかることも少なくなってしまいますね。

●(主人公)青山太郎

今年、会社で受けたメタボ健診結果に打ちのめされている42歳男性。CM制作会社の人事部課長で、妻と子の3人暮らし。厄年を経て、もう若くはないことを実感。周囲を見回しても、心も身体もまさに健康と呼べる人は思い当たらず、彼らとの人間関係も悩みのタネ。人事部課長として、あるいはひとりの人間として、心理カウンセラーの浮世先生に相談に乗ってもらっている。

太郎 後任を連れて、また改めてご挨拶させていただきますが、実は昇進しまして……。担当ははずれますが、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

先生 まあ、昇進なさったの? おめでとうございます。

太郎 ありがとうございます。でも順送りなんですよ。それに責任ばっかり大きくなって。役職が変わると、やらなくちゃいけない手続きも山のようにあるんですよね。今も、経費の精算をしてから異動するように、経理からキツく言われていたところだったんです。ここ1年ほどで経費はギリギリまで締め付けられているのに、提出の期日とか、書類の書き方なんかは、日に日に厳しくなってるじゃないですか。

浮世先生

先生 最近は、企業にカウンセリングに行っても、営業の最前線などいかにもストレスフルな職種の方たちだけじゃなく、経理や総務といった職種の方たちまで、ストレスが増大していることが多いんです。経費を却下するほうも、いろいろと大変なんですよ。

太郎 そういえば、うちの社の経理の女性も……。

先生 太郎さんが今叱られてきた経理の方?

太郎 営業など、外に出る職種では、就業時間も不規則で、以前は家庭と両立できずに辞めてしまう女性社員も多かったんですよ。でも彼女は、ずっと事務畑。就業時間はある程度、規則正しいですし、結婚して出産しても、がんばって仕事を続けてきた。あの年齢の女性社員では、たぶん唯一残った人じゃないかな。彼女のカルテを見ていただけますか?

コメント2

「「渡る世間はお疲れだらけ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長