• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

羽田空港で一服。味も値段も「おいしい」甘味の友

  • 三田村 蕗子

バックナンバー

2009年9月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 早いもので「出張スィーツ」も今回が最終回。

羽田空港の隠れた(?)名品、ヨーガンレールの「一茶」「二茶」。この渋いパッケージもたまりません。
画像のクリックで拡大表示
白を基調としたTOKYO'S TOKYO。売り場の隅々に「発見」の楽しさがあふれている。搭乗時刻に遅れないようにご注意。
画像のクリックで拡大表示

 ラストにふさわしいモノは何か。ケーキがいいか、和菓子がいいか。どこの地方の銘菓がいいか。いろいろ考えあぐねた末にたどりついたのが、出張スィーツの一大拠点・羽田空港で手に入る東京発の芳しいお茶です。

 えっ、スィーツじゃなくお茶、それも空港で? などと言うなかれ。お菓子の魅力を控えめに、でもしっかりと引き立てるお茶が羽田空港で手に入るのです。おやつ時間を充実させるスィーツの相棒・お茶に注目あれ。

 羽田空港の第二旅客ターミナル(ANA側です)を利用する際には、ちょっと早めに空港に出かけて、3階のマーケットプレイスにある「TOKYO'S TOKYO」に足を伸ばしてみよう。

 ここは、ざっくり言えば東京土産のセレクトショップ。「東京発の旅」をキーワードに、注目のクリエイターがプロデュースした雑貨と本を扱うこの店に、絶品のお茶がある。

 天然素材を使った優しい風合いが特徴のアパレルブランド・ヨーガンレールが作った「一茶」(いっちゃ)と「二茶」(にちゃ)だ。

 「一茶」はオリジナルブレンドの野草茶で、天日番茶をベースに、はと麦、ハブ、どくだみをブレンドしている。一方、「二茶」ははと麦をベースに、はま茶、玄米、ハブ、大麦、蕎麦、大豆、小豆をブレンドしたお茶で、どちらも温かく飲んでも冷たくして飲んでもいい。

 草茶の「一茶」、豆茶の「二茶」。両方とも、近所の公園から拾ってきたかのような枯れ草風の外見なので、実際に飲んでみるまではやや不安だった。

うまいオーガニック

「このワイルドなルックス…。ものすごく美味しいか、ものすごくまずいかのどっちかだろう」

見た目の雰囲気は近場の山で採取してきた「枯れ草」? の「一茶」。だが、飲んでびっくり。味わってびっくり。菓子との相性も抜群です。
画像のクリックで拡大表示
「一茶」より豆の割合が多い「二茶」。お手玉や枕の中身のようですが、こちらも絶品。ふくふくとした味わいにはほれぼれします。
画像のクリックで拡大表示

 はい、答えは前者でありました。
 どくだみの風味が効いた「一茶」、大豆や小豆の滋味を感じる「二茶」。好みが多少別れるかも知れないが、どちらもほっくりというか、ふんわりというか、まろやかな(でもちょっとだけ野性味も感じる)仕上がりだ。強烈ではない品の良い香り、飽きの来ない、でも深みのある味でバランスがよい。

 個性的だが、派手な味ではないので、お菓子の味を損なうことなく、うまーく相棒の味を引き立ててくれる。ピンでもいけるが、コンビでも映えるお茶なのだ。

 「TOKYO'S TOKYO」でグッズのセレクションを担当したメソッドの山田悠氏は、「一茶」「二茶」のかねてからの愛用者。

「雑貨も含めて、僕はヨーガンレールの商品を高く評価しています。服もアクセサリーもモノとしてしっかりとしていて、ヨーガンレールさんの世界観が貫かれている。『TOKYO'S TOKYO』は基本的に雑貨の店なんですが、一部食品も扱えることがわかったので、『一茶』『二茶』を導入しました。『一茶』『二茶』は、無農薬有機栽培というのもいいし、何より味が良くて、値段が手頃なのがいい。商品としてよく出来ていると思います」

コメント1

「三田村蕗子の「出張スィーツ」」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長