• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ハトが大風呂敷から舞い上がる

2009年9月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「トゥエンティファイブパーセント……バイ・トゥエンティ・トゥエンティ」

 と、鳩山首相は言っていた。
 なるほど。
 2020年までに25パーセント。驚くべき数字だ。
 
 が、テレビ画面で繰り返し再生される鳩山スピーチの動画を眺めながら、私は

「どうして20パーセントにしなかったのだろう」

 と思っていた。
 だって、「トゥエンティ・パーセント・バイ・トゥエンティ・トゥエンティ」の方が語呂が良いから。
 だろ?

 20% by2020――これなら世界中の善男善女の皆さんが、3秒で暗記できる。と、ハトヤマ・スピーチの印象度は30パーセントアップ。日本のイメージも3割向上だ。

 経団連の反発を見ても明らかな通り、25パーセントは、かなり無茶な数字だ。
 いったいどこに根拠があるのか、意味不明な目標値だと言っても良い。
 その意味では、5%ぐらい割り引いたとしても、十分にインパクトはあった。

「おお、20パーセント!」
「なんと、2020までに20とは」

 世界は十分びっくりしてくれたはずなのだ。

 20パーセントなら、反対派の理解も得やすかった。

「まあ、語呂が良いからな」
「20の三並びで、アラシだし」

 いや、語呂みたいなことで国の大方針を決める態度は、軽薄のそしりを免れ得ない。それはわかっている。

 でも、デカいプロジェクトほどシンプルなキャッチフレーズで説明されるべきだ、という考え方もある。

 なんとなれば、国家的なプロジェクトや国民的な合意には、なにより「わかりやすさ」が不可欠で、そのためには、語呂の良さが最重要だからだ。

 以前、このコーナーで取り上げた「地デジカ」などは、その意味で、成功例のひとつだと思う。

「地デジ化だから地デジカ」

 一度聞いたら到底忘れることは不可能。異様なばかりの脳内定着力だ。2011年7月までに地デジ化を完了させるという方針が適切であるのかどうかはともかく、鹿は走り出している。街は鹿だらけ。国家的なプロジェクトには、そういう闇雲な推進力が必要だ。

 最近の例では、ビートルズのリマスター盤CDの発売日が、モロに語呂頼りだった。

 発売日は09年09月09日。しかも世界一斉リリース。9の三並び。ちなみに根拠は、「ジョンレノンのラッキーナンバーが9だったことにちなんだ」ということになっている。

 いずれにしても、三十数年間ファンが待望し続けたリマスター盤である以上、普通の日に発売するわけにはいかぬ。であるから、わかりやすい目印の付いた、それらしい記念日が模索された。そういうことなのだと思う。

 で、ジョン・レノン没後二十周年だとか、ビートルズ結成五十周年記念日だとか、ポール・マッカートニーの六十四歳の誕生日だとか、いくつか候補が(たぶん)あがった中で、最も世間に対して訴求力があって、なおかつ発売のタイミングとして好適な日付が選ばれる運びになったのである。

 で、選ばれたのが、090909。なんと印象鮮烈な日付であることだろう。少なくとも私は手もなくひっかかった。で、半年前から待つハメになった。大成功。ファンほどひっかかりやすい人間はいない。またの名をカモ。特技は鵜呑み。財布には羽根が生えている。

 失敗例もある。
 今から二十数年前、日立製作所がまだパソコンを作っていた頃の話だ。

コメント45件コメント/レビュー

コメントへのコメントになりますが、武田邦彦の言うことはあまり信用なさらない方がよろしいかと。自説に都合のいい数字だけを引用し、論理の矛盾を突っ込まれると必死に話をすり替える、そういう人物ですので。(2009/10/02)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ハトが大風呂敷から舞い上がる」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントへのコメントになりますが、武田邦彦の言うことはあまり信用なさらない方がよろしいかと。自説に都合のいい数字だけを引用し、論理の矛盾を突っ込まれると必死に話をすり替える、そういう人物ですので。(2009/10/02)

なんだか自虐が過ぎる気がしてなりませんが、日本は世界で唯一地球全域の二酸化炭素濃度を高精度で観測できる人工衛星を持つ国です。これは今年1月に打ち上げられた観測衛星「いぶき」によるもので、つい先月に初期校正が終わり、今後の活躍が期待されています。他の主要国の参加を前提とした25%の削減目標と、このいぶきからの観測データは今後の日本にとって大きな武器になるのではないでしょうか。▼温暖化対策における世界の警察になりうることも可能?とりあえず排出ランキングを発表して、ワースト国は悪の枢軸と名指ししてみるのはどうでしょうかね。そして改善の為と称して、日本の優秀なエコ製品を半ば強制的に買わせるのです。(2009/10/01)

えっ、まだ誰も「クォーターカッター・ハト」って名づけてないのか。25%、1/4、四半期、クォーター。コストカッター・ゴーンの向こうを張る異名だと思うんだけど。いや、ちゃんと保険も掛けてあるし、日本の本気なら不可能でもないと思うし、技術面での挑戦目標なら得られる成果の大きさにあちこちから投資も寄ってきそうだし。(2009/09/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授