• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「たらい回し」は医師のせい?

  • 木村 憲洋

バックナンバー

2009年10月6日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 医療崩壊と言われる現象は、救急医療の受け入れが困難な状態にある医療機関が増加してきたことにより、国民にもはっきりと認識されるようになりました。また、マスコミはこれまで、地域における救急受け入れが困難な状態を「たらい回し」という言葉で報道してきました。

 その代表例が、大淀病院事件です。2006年8月、奈良県大淀町立大淀病院で分娩中に意識不明になった妊婦が、移送を要請した県内外の18病院から次々と受け入れを断られた末に、大阪府内の病院で帝王切開により男児を出産した後、脳内出血で死亡しました。新聞やテレビで大きく報道されましたので、ご記憶の方も多いでしょう。

 一刻を争う救急医療の受け入れが十分に機能しない状況は、今でも大きな社会不安となっています。一方、医療側からすれば、「たらい回し」は「受け入れ不能」です。最近では「受け入れ不能」という言葉を使うメディアも出始めましたが、「たらい回し」という言葉は依然として一般的に使われており、そこには、救急問題の責任は多分に医師にあるというニュアンスが感じられます。

 そこで今回は、救急医療が崩壊した背景を探りながら、その原因について分析してみたいと思います。

救急搬送数は10年前より30%強増えている

 「平成20年中の救急搬送における医療機関の受入状況等実態調査の結果」を見ると、2008年の救急車による搬送数は466万6727人です。そのうち、重症以上傷病者搬送事案が53万132人、産科・周産期傷病者搬送事案が4万542人、小児傷病者搬送事案が35万9557人、救命救急センター等搬送事案が54万1734人(重複あり)となっています。

 全体の搬送数は2005年をピークにその後は減少傾向に転じていますが、10年前に比べると、その数は3割以上も増えています。

救急搬送件数の年次推移
出展:「平成21年版 救急・救助の概要(速報)」総務省消防庁

 世代・重症度別の搬送件数の推移を見ると、特に65歳以上の高齢者において、軽症患者の搬送数が増えていることが分かります。搬送数急増の背景としては様々な要因が考えられますが、高齢化の進展や、患者の権利意識の変化による安易な利用の増加など推察されます。

年齢別・重症度別に見た救急搬送件数の変化
画像のクリックで拡大表示

10月13日をもって投票の受付は締め切りました。ご協力ありがとうございました

コメント58

「どうする? 日本の医療」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック