• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

48. 村上春樹が「世界」でどう読まれているかなんて、気にする理由あるの?

「世界」のありか(1)

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年10月7日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 気がついたらこの連載も、1年経ってしまいました。2年目もどうかひとつ、よろしくお願いいたします。

 この連載はここ数か月、「世界でいちばん簡単な『文学理論概説』」と化している。なにも考えずにそのとき書きたいことを好きなように書くと、こうなってしまうのだ。

 なので、言い切ってしまおう。この連載は、「世界でいちばん簡単な『文学理論概説』」である。この夏からそういうことになっていたので、ひとつよろしく。

 さて、「読書の秋」ということを言い出したのがだれかは知らないが、とにかく読書の秋だ。そしてここ数年、わが国の「読書の秋」はちょっと浮き足立っている。

 どうして浮き足立っているかといえば、アレですよ。毎年秋に発表される、ノーベル賞。

 ここのところ毎年、この時期になると、「今年こそ村上春樹がノーベル文学賞を獲るのではないか」という噂が出て、出版業界や一部の読書好きは、なんだかそわそわして落ち着かないようだ。とくに2006年の秋は「下馬評に挙がった」「ノミネートされているらしい」と、まことにかまびすしいありさまだった。

 私は文学賞というものにちっとも詳しくないので、そわそわしない。しかし、気になる言葉を見かけることがある。

 「世界文学としての村上春樹」といった言いかたである。そもそも「世界文学」ってなんなのだ、という話を今回は書かせてください。

*   *   *

 「世界文学」といえば、「世界文学全集」である。

 かつて、「世界文学全集」というものがあった。「文学全集」というのはたいてい、「日本文学全集」と「世界文学全集」の二本立てになっている。

コメント21

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監