• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「説明できる商品」では、世界なんて狙えない!

第13回:日産 GT-R【開発者編】その2

2009年10月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回「日産発世界行き、ノンストップ『水野劇場』開幕!!」から読む)

 クルマよりも面白い、ミスターGT-R水野和敏氏。インタビュー開始当初こそ、氏の迫力に圧倒されるばかりだったが、時間が経ち徐々にその“話っぷり”に慣れてくると、氏が決して勢いに任せているのではなく、我々の反応を冷静に観察しながらお話しされているのが分かってくる。

 ご自身がアピールしておくべき部分からは決して脱線せず、その上でどう話せば相手が食い付くのか、どのタイミングで何を言えば場が盛り上がるのか。水野氏は入力情報をつぶさに解析し、ピピッと計算してベストな回答を瞬時に出力してしまうのだ。電子制御トルクスプリット4WDシステム、ATTESA E-TSの如き俊敏な応答性。こういう人は間違いなく麻雀が強い。これがもしインタビューでなく麻雀だったら……。我々は間違いなくカモにされ、身ぐるみ剥がされパンツ一丁で厚木の寒空の下に放り出されていたハズだ。

 では、もう半チャン……じゃなくてインタビューの続きに入ろう。

画像のクリックで拡大表示

フェルディナント(以下F):アラブの王族がGT-Rを100台くらいまとめ買いしたというウワサを聞いたことがあります。あれは本当なんですか?

水野(以下 水):100台じゃなくて400台ね。ウワサも何も、正式な販売です。ロイヤルファミリー向けの特別仕様車。もちろん向こうからのオーダーがあったから特別仕様を入れたんです。今のタイミングで中東に評価されて入れるというのはものすごく大きな意味がある。

F:といいますと。

水:今後クルマの販売は、アメリカ・中国という大量消費型の文化圏と、中東・ヨーロッパ・日本の、省エネとエコロジーを軸にした恒久経済圏の二つに別れると思う。アメリカと中国なんてコーヒーは紙コップで飲めればいいやという使い捨ての文化。そういうアメリカ的な消費構造がもはや行き詰まって来ているのは、誰の目にも明らか・・・じゃないかもしれないけど、すくなくとも僕の目には明らかです。

F:えっ、でも、このビル(NTC:ニッサンテクニカルセンター)にも入っていますよね、(ピー)が。

水:そう。俺はそれが気に・・・あ、コレ書かないでね(笑)会社に叱られちゃうから(スミマセン水野さん……ついポロっと書いちゃいました……)。

F:それにしても、アメリカと中国を一緒にすると言うのは……。

水:消費に対するメンタリティは一緒です。

F:う~む……。

「消費財」は米中で。「恒久財」は日・欧・中東で

水:だからGT-Rも販売の中心はヨーロッパに置いているわけです。スペックV(GT-Rのハイスペックバージョン:お値段1575万円!)は欧州とアラブには出すけどアメリカには輸出しない。必要ありませんから。

F:でも出したらそれなりに売れないですか。アメリカにも正式輸入される前から並行輸入で買っていたGT-Rマニアが結構いますから。

水:うん。でも売る気が無いんです。あのね、ヤマグチさんだから結構ホンネで言ってるんだぜ、俺。今までジャーナリストにはこういう話をしたことがないんだから(笑)。

F:大丈夫。僕はジャーナリストじゃありませんから(笑)。

水:それなら安心だ(笑)。じゃ、その理由を話しましょうか。今までの、使い捨てというか、従来の大量消費型のクルマね。例えば「6年たったら査定ゼロです」とか、「10年たったら廃車です」というスタイルの商品は、これからもアメリカと中国でどんどん生産・輸入されるでしょうね。でもGT-Rが目指している姿は“エンドレス”。消費財じゃなくて「恒久財」です。恒久財の市場は、となれば、やっぱり歴史のあるヨーロッパとアラブ圏でしょう。

F:アメリカ、中国じゃないんですか。

コメント13

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「説明できる商品」では、世界なんて狙えない!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

ドイツ企業は協調と競争の使い分けに長けている。

ビル・マクダーモット SAP CEO(最高経営責任者)