• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

49. 村上春樹を「世界文学」と認定するのはだれか。

「世界」のありか(2)

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年10月14日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 さて前回、文学全集の話が出た。

 「文学全集」は、日本における出版の産業構造によって生まれたヒット商品だった。産業構造が変われば、そういう企画自体が成立しなくなる。これが昭和初年においてどれくらい胡散臭いヒット企画だったかは『読まず嫌い。』(角川書店)に書いたから繰り返さない。ただひとことここで繰り返しておくならば、文学全集は、

「これ一セットあれば代表的なところはだいたい押さえることができる」

という触れこみの商品である(もちろん、それは気のせいなのだが)。ということは、「文学全集」とは、

自分でなにを読んでいいかわからない人たちのための企画

だったということだ。つまりけっして高級な企画ではなかったのだ。そりゃそうだよな。自分で読むべき本を選べるなら、「文学全集」なんて何十巻もあるセットものに手を出すわけがない。

 ちょうど『懐かしのフォーク&ニューミュージック大全集』といったコンピレイションCDボックスの訴求対象が、音楽ソフトを自分で選んで買える音楽ファンではなく、もっと「ふつう」のおじさんおばさんたちなのと同じである。

 私はこの、いま流行らない黴臭い「文学全集」なるものを、図書館の書庫や古書店の店頭から掘り出して読むのが大好きである。私はこの「文学全集」という企画の胡散臭さが、わが身の胡散臭さにお似合いだと思うことすらある。

 それになんといっても、むかしの文学全集には、ブームのドサクサで翻訳された「変な物件」がいろいろ入っている。規格化された商品しか出てこない昨今の出版事情では、商品として考えられないような、絶対に企画会議を通らないような作品である。

 むかしの商品の基準が規格化されていなかったかどうか、当時のことは知らない。ひょっとしたらいまと同じくらい規格化されていたかもしれないが、「規格」自体がいまとは違うので、そのズレっぷりが楽しいのだろう。

 絶版・古本になって以後の第二の人生のほうが、本にとっては重要なのだ。

*   *   *

コメント8件コメント/レビュー

「マタイ効果」って良い言葉ですね。正のスパイラルも負のスパイラルも臨界点を超えるとそれ自体がエネルギーをもって拡がっていく。 ▼村上氏の場合はこの正のスパイラルに、本人が意識したかどうかは別として、うまく乗った、ということでしょう。 ▼やっぱ寂しいじゃないですか、合コンとかで、みんなが観ているテレビ番組や、読んでいる本の話題に付いていけなかったら。「いえ、ぼくは日野啓三が好きです・・・」なんて言ったら、「はあ?」ってな反応になりますぜ。 ▼ある程度のクオリティがあれば、どんな作品でも、好きか嫌いか批評できる要素はあるわけで、その意味で共通言語・共有文化として「世界文学」は存在意義を持っているんじゃないかなあ、なんて思います。 (かいざ)(2009/10/15)

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「マタイ効果」って良い言葉ですね。正のスパイラルも負のスパイラルも臨界点を超えるとそれ自体がエネルギーをもって拡がっていく。 ▼村上氏の場合はこの正のスパイラルに、本人が意識したかどうかは別として、うまく乗った、ということでしょう。 ▼やっぱ寂しいじゃないですか、合コンとかで、みんなが観ているテレビ番組や、読んでいる本の話題に付いていけなかったら。「いえ、ぼくは日野啓三が好きです・・・」なんて言ったら、「はあ?」ってな反応になりますぜ。 ▼ある程度のクオリティがあれば、どんな作品でも、好きか嫌いか批評できる要素はあるわけで、その意味で共通言語・共有文化として「世界文学」は存在意義を持っているんじゃないかなあ、なんて思います。 (かいざ)(2009/10/15)

記事の趣旨とずれるかも知れませんが。センスの欠片も無い英米はともかく、フランス人の死生観や美的感覚というのは日本人にも受け入れられやすいと思います。なので個人的には「フランス人が選んだ世界的日本人作家なら、そんなに間違えてないんじゃない」という感じです。小川洋子とか。記事には出てきていましたが「村上春樹が世界的作家だから素晴らしい」みたいなこと言う人、いるんですね。その人は本が嫌いなのでは?「海外でも人気がある」という形容詞は確かに「日本文学全集」と同じようなキャッチコピーで、本物の本好きにはあまり意味の無いものでしょう。(2009/10/15)

音楽だとマニアックなバンドのほうが海外で受けたりしますよね。しばらく前にイギリスのミュージシャンが日本のロックの歴史について書いた本を読みましたが、日本人でもほとんど知らないようなバンドや作品を絶賛しまっくていて驚きました。僕はゴリラーマン、BECKよりもストッパー毒島が好きです。(2009/10/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長