• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「時間、カネ、ヒトの余裕」は、組織と仕事を腐らせる

第14回:日産 GT-R【開発者編】その3

2009年10月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(前回「『説明できる商品』では、世界なんて狙えない!」から読む)

 あ痛てててて……。

画像のクリックで拡大表示

 いやぁ酷い目に遭いました。実は先週出場した銚子マリーナ国際トライアスロンのバイクセクションで接触転倒してしまい、肩鎖関節を脱臼してしまったのです。靱帯が三本とも断裂する文字通りの“重症”で、左半身の皮膚は肩から臀部に欠けてボロボロに擦り剥けています。しかし事故報告をした編集部から帰ってきたメールは……。

「フェルディナント様
 そりゃ災難でしたね。ご愁傷様。
 で、右腕ですか左腕ですか。
 仮に右腕でも締め切りは変わりませんから(笑)」

 これだけです。

 何ですか、「ご愁傷様」って。まだ死んでいません。
 どういう事ですか、(笑)って。いったい日経BP社は私の事を何だと……。
 いや、失礼。見苦しい楽屋裏を晒してしまいました。クルマには何の関係も無いことです。では早速、張り切って参りましょう!

捨てられる部分がない、困った困った

 と、その前に今までの流れを整理しておきましょう。ご存じの通り、当「走りながら考える」は、一台のクルマを三段階に分けて「しゃぶり尽くす」ことを旨としています。それはこんな風になっています。

1:試乗インプレッション
2:開発者インタビュー
3:総括

 基本的に記事の更新は毎週木曜日。今週は通院治療の関係で一日遅れてしまいましたが、私がサボらない限りは、読者諸兄に対して3週間に一台のペースで新しいクルマをご紹介出来る流れであります。メーカー各社からご提供いただくクルマは、最低でも一週間はお借りしているので、このペースをきっちりと守ってさえいれば、私としても3週間に一台ずつ新しいクルマに乗って遊び回……もとい。腰を据えた評論が展開できるというものです。だがしかし、今回のGT-Rは水野氏のインタビューだけで早くも3週目。これじゃいつまでたっても他のクルマに移ることが出来ない。つまり他のクルマで遊びに出掛けられない。

 でもインタビューをいくら読み返しても“捨てられる部分”が無いのですよ。どこを読んでもヤバくて面白い。それでいてビシっと筋が通っている。テープ起こしの原文をそのまま掲載したいくらいの勢いなのですが、それでは私の役目が無くなってしまう。どこを削ってどこを残すか。そうした上で水野氏の魅力をどこまで読者諸兄にお伝えできるか。ここは腕の見せ所、という所なのであります。

 ではでは、今回で(たぶん)最終回の水野氏インタビュー。気合いを入れて参りましょう。
 あ痛ててて。力むと肩がイタイ……。

*   *   *

フェルディナント(以下 F):以前、水野さんと葉山でお話しさせていただいた時に、すごく印象に残っているエピソードがあるんです。GT-Rの開発は通常の半分くらいの人数でやった。少人数で、相互に信頼し合っているから、水野さんのハンコなんかも必要なときは自分の判断で押させていた。結構な金額の決済でもそうだった、と。

水野(以下 水):あ、今でもそうだよ。もちろん内容の確認はするけれど、ハンコは必要な時に必要なヤツが俺のハンコを勝手に自分で押すんだ。自分で俺のハンコを使って押したら、自分の決めたことなんだから必ず守るはず。人間ってそういうものでしょう。

精鋭揃いの開発チームをどう選んだか

F:部下のことを本当に信頼しておられるのですね。そんな精鋭ぞろいのGT-Rの開発チームは、どういう基準で選考されれたのですか。

水:そんなもん。ハンパもんの寄せ集めですよ。

F:キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!!!  

……えーと、あのですね。社員の中から水野さんの眼鏡に適った人材を一本釣りで引き抜いてきた、とかそういう事ではないのですか?

コメント6件コメント/レビュー

車に全く興味なしの人間が楽しく読ませて頂きました。して「管理の枠から外れた人間ほど、自分の志向性が強いんだよ。そういうヤツの方が既成概念に囚われないで良いアイデアをどんどん出す。管理されやすくて、コロコロ転がりやすい人間って、自分の意思がないわけだから、いくら上の者が使いやすくたってそんなんじゃダメ。良い物なんて造れっこない。」に激しく同意。社内営業が上手な方も含むと思いますが、管理しやすいお方が頑張って作成してまともな物はコピー位。大量生産向けだとは思いますが、あまり二歩先の技術を提示する事で会社としての存在意義がある所には向いていないかもしれないなと常に思う次第です。ですので、その規格外を新たな規格とする度胸は経営上大変な物だと思います。これからも頑張ってください。PS怪我は治った後が勝負です。リハビリ、筋トレを通して、体のバランスを良く整えると、結構回復が早いですよ。お大事に。(2009/10/17)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「時間、カネ、ヒトの余裕」は、組織と仕事を腐らせる」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

車に全く興味なしの人間が楽しく読ませて頂きました。して「管理の枠から外れた人間ほど、自分の志向性が強いんだよ。そういうヤツの方が既成概念に囚われないで良いアイデアをどんどん出す。管理されやすくて、コロコロ転がりやすい人間って、自分の意思がないわけだから、いくら上の者が使いやすくたってそんなんじゃダメ。良い物なんて造れっこない。」に激しく同意。社内営業が上手な方も含むと思いますが、管理しやすいお方が頑張って作成してまともな物はコピー位。大量生産向けだとは思いますが、あまり二歩先の技術を提示する事で会社としての存在意義がある所には向いていないかもしれないなと常に思う次第です。ですので、その規格外を新たな規格とする度胸は経営上大変な物だと思います。これからも頑張ってください。PS怪我は治った後が勝負です。リハビリ、筋トレを通して、体のバランスを良く整えると、結構回復が早いですよ。お大事に。(2009/10/17)

いいんでないか!!!目標みたいものが、また一つ、これを読んでふつふつと出来上がってくるのが感じられる、記事でした。(2009/10/16)

人のために物を作っているからね。この言葉にぐっとくるのが日本人なんでしょうね。ナントやらタイマーと揶揄される電機屋さんはこの部分が欠落してしまったんですよね、大量生産大量廃棄システム、日本で作れるものはアジアでも作れるのだそうです、まあかたちだけですけどね。先日GT-Rに追い越していただきましたが、おおこれがあの車か!と後ろ姿に見入ってしまいました。この車の技術がやがて電気自動車の構造作りにも生かされるのでしょうね。(2009/10/16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長