• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

50. あなたは「世界に一つだけの花」主義者ですか?

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年10月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 今年の小説出版界は、発行部数を見れば村上春樹ひとり勝ちのようなありさまだ。ただ新作がベストセラーであるだけでなく、内外の文芸ジャーナリズムがこの作家を「大家」として遇していることはわかる。

ランボー全詩集』ランボー 著、宇佐美斉 翻訳、ちくま文庫、1155円(税込)

 しかしそのいっぽうで、文学の歴史には、現役文学者として活躍中はそれほど話題にならなかった書き手が、引退後もしくは死後に株が急上昇し、大文学者として祀り上げられた、というケースも多い。『地獄の季節』(『ランボー全詩集』所収)の著者で、若くして詩作の筆を折ったフランスの詩人ランボーは典型的な例だ。

 日本では宮澤賢治がこの枠。いまでこそなかば神格化されているが、生前は詩集一冊と童話集一冊を出した、ちょっと変わった地方文学者、くらいの位置づけだったようだ。

 こういうばあい、よく言われるのが、

「宮澤賢治は生まれるのが早すぎた」

といったようなこと。あるいは、

「作家の同時代人の目は流行によって眩まされているが、歴史によってノイズが洗い流され、後世の人間には『真価』が見える」

などといったことを言う人も多い。

 ほんとうにそうなのだろうか?

*   *   *

コメント25

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長