• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

51. コマーシャリズムと私の好み、ほんとうに無関係?

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年10月28日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 前回、「俺か世間か」問題について書いた。前回の更新のあと、知人から電話がかかってきた。仮にその名を某氏とする。

奴「帽子か」

私「おう、某氏か」

奴「NBOnlineのお前の連載の、今回の更新な」

私「うん」

奴「大事な要素が欠けてるぞ」

私「なんだ」

奴「商業主義、という要素だ。作品の評価や人気に、商業主義とかそういう、社会の外的条件がかかわってくるケースが、けっこう多いだろ」

 私はどっと疲れて、いつもの上から目線で某氏に言った。

私「当たり前の話だと思ったから、書かなかっただけなんだけど。社会の外的条件が関与しない作品評価なんて、あると思ってんの?」

*   *   *

 「俺か世間か」問題とは、なんとなく発言力を持ってそうな他人(「世間」「流行」「権威筋」「通」など)と「俺個人」とが、特定のコンテンツ(なんでもいいが、この連載のばあい、おもに文学作品)の好悪・評価で割れてしまうという、日常茶飯の問題である。

こゝろ』夏目漱石 著、角川文庫、340円(税込)

 当然だが、「俺か世間か」問題が発生するたびに、「なんとなく発言力を持ってそうな他人」がナニモノであるかは、変化する。

 あなたが、

「国語の授業で『こゝろ』を読んだら、辛気臭いわ後味悪いわ、もう勘弁してほしかった」

という記憶をお持ちなら、「なんとなく発言力を持ってそうな他人」とは「教科書」「学習指導要領」などだ。

コメント6

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長