• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

2009年最大のサプライズ作、「トモダチコレクション」とは?

2009年10月30日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 新バージョンも発表され、さらに勢いが加速しそうなニンテンドーDSですが、今年はこれを忘れてはいけないソフトが出ました。2009年のゲームビジネスにおける、最大の驚きといえば、「トモダチコレクション」で決まりです。

「トモダチコレクション」(販売元:任天堂/6月18日発売/3,800円(税込)/ニンテンドーDS用ソフト)。ゲーム内にあるMiiが、さまざまなコミュニケーションをするのを眺めるソフトです。 (c) 2009 Nintendo

 ひっそりと、6月に発売されたニンテンドーDS用ソフトです。このコラムを含めてあらゆるゲーム関連メディアは、このソフトにさほど注目しませんでした。自戒を込めて書きますが、恥ずかしいかぎりです。いま、その判断がとんでもない間違いだったことを、痛いほど思い知らされています。

 「トモダチコレクション」は、想像を絶するヒット作になりまた。

 発売4カ月がたっても、いまなおセールスランキングの上位に君臨。楽々とミリオンを突破し、年末年始あたりで200万本の大台に届く見通しです。これは、年末の発売に向けて、何度も何度も大々的な特集記事が組まれている超大作ソフト「ファイナルファンタジーXIII」と並ぶ、もしくは上回るかもしれない数字です。ノーマークの新作ソフトとしては、ケタ外れのスマッシュヒットなのですね。

 その圧倒的な人気を支えているのは、これまでのゲームファンとは、ちょっと違う。その多くが女性ユーザーなのですね。

 週末のゲーム売り場を眺めていれば、小中学生の女の子たちが、このソフトを嬉々として買っていく姿を目撃できるでしょう。彼女たちが、その面白さを口コミで広げて、驚くほどの大ヒット商品に育て上げたのです。

知っている人たちが登場する世界

 ひとことで内容を要約しますと、これは「人間関係を眺める」ソフトです。

 ゲームの中にさまざまな人たちが暮らしている。仲良くなったりケンカしたり、恋をしたり、ときには結婚することもあります。そういった、日々変化していく人間関係を眺めて楽しむソフトなんですね。

 こういうタイプのゲームは、過去にも存在しましたが、「トモダチコレクション」は、それらとは一味違います。最大のポイントは、そこで暮らしているのが「Mii」だということです。

 Wiiを持っている方はご存知でしょうが、Miiというのは「自分の分身」のようなもの。似顔絵を作ると、それがキャラクターとなって、ゲーム内に登場します。自分だけでなく、家族や友達、さらには有名人(芸能人とかスポーツ選手とか)を、いくらでもゲーム内に登場させることが可能なのです。

Miiは友情を育むこともあれば、恋に落ちることもあります。破局するかもしれませんし、無事に結婚するかもしれません。略奪愛に目覚めることもあります。
(c) 2009 Nintendo

 すると、どうなるか? 

 自分と、自分がよく知る人たちが、ゲームの中で暮らし始めます。友達になり、ケンカをして、恋をして、破局して……と、現実とはちょっと違う、だけど微笑ましい人間模様を見せていくのですね。これが、なんとも中毒性のある面白さを出してきます。今日はどうなってるのかな? と、ふと画面を覗きたくなるんですよ。

 すでにWiiを持っている人は、そこで作っておいたMiiを「トモダチコレクション」に移動できます。Wiiがネットに接続してあるなら、世界中のユーザーが作った膨大なMiiを拾ってくることが可能。いくらでも登場人物を増やせる。こうして、「トモダチコレクション」は、その楽しさを倍増させていくわけです。

それは「ポケモン」から始まった

 昔からゲームビジネスに注目していた方は、かつて同じような売れ方をしたソフトがあることに、お気づきになるかもしれません。

 そう。「ポケットモンスター」です。

コメント0

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「2009年最大のサプライズ作、「トモダチコレクション」とは?」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長