• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

シューカツは是非、上から目線で

2009年11月2日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 花巻東高校のエースピッチャー、菊池雄星君は、埼玉西武ライオンズがドラフト一位指名することになった。

 めでたい。

 ん? ライオンズファンなのか、と?
 違います。

 ライオンズは好きな球団のひとつではあるが、特段に心をこめて応援しているわけではない。

 というよりも、私はプロ野球に関して、特定のチームのファンであるみたいな見方はしていない。ずっと以前、阪神タイガースが江夏&田淵を廃棄して以来、特定球団を応援することからは撤退したのだ。

 もっとも、江川投手がジャイアンツで投げていた当時は、中六日ぐらいのローテーションで巨人ファンをやっていた。が、そのわかりにくい立場も、あの投手の不可解な引退を機に放棄した。冗談ではない。なーにが禁断のツボだか。

 現在は、だから、どこのチームに対しても特別な感情は抱いていない。
 それとは別に、私は、パ・リーグを応援している。リーグとして、だ。

 で、ドラフト会議では、毎年、有望選手の指名権をパシフィック・リーグの球団が獲得することを願っている。それも、かなり強烈に、だ。

 なぜなのかは、自分でもよくわからない。
 おそらく、バランスを取ろうとする気持ちが働いているのだと思う。

 バランスといっても、私自身のバランスではない。リーグのバランス。球界のバランスである。

 なぜ、一観戦者であるオダジマが、「日本プロ野球界の健全な発展」みたいなことに心を砕かなければならないのか。それは謎だ。でも、私は、もはやそういう見方でしか野球を見ることができない。

 つまり、「もっとパ・リーグを盛り上げないといけない」と、私は、コミッショナーみたいな立場で野球を見ているのである。

 偉そうな態度であると言われればその通り。
 尊大な視点だ。
 が、私は、いつの頃からなのか、野球に対して、上からモノを見る視線で観察するようになってしまっているのだ。これは自分でもどうしようもない。

 だから、この10年ほど、注目選手のほとんど全員がパリーグに来ていることには、若干責任を感じている。
 私の念力がそうさせているとまでは言わない。が、ともあれ、結果は、私が願望した通りになっている。で、ちょっと身のひきしまる思いがするのですね。天地創造を終えて一服入れている神様みたいな感じで。なんとも偉そうなことに。

 個々の選手についてはともかく、チームに関しては、個人的な感情で応援するような勝手なことはしない。
 そういう段階はすでに卒業している……と自分ではそう思っている。
 したがって、今年のクライマックスシリーズでは、私は、不本意ながら、巨人軍に肩入れしていた。

「今年の状況を鑑みるに、巨人が勝たないと球界のために良くない」

 と、そう思ったからだ。
 情状的には、中日の方が好きだし、落合監督には個人的な強いシンパシーを感じている。なのに、それでも私は巨人軍の勝利を期待していたのである。なんという不思議な、そして、なんと偉そうな観戦態度。

 偉そうと言えば、サッカーについてもそうだ。私はほとんどJFA会長の視点でピッチを概観している。

 ただ一点、浦和レッズのゲームだけは、浦和サポとして応援させてもらっているのだが、この件に関しては、「不公平で申し訳ない」という気持ちを抱いている。何様なんだ? オレは。
 
 自分ながら不可解なのは、ナビスコカップの実施状況についてのダブルスタンダードだ。
 私は、自分が何を言っているのかよくわからなくなる時がある。

 ついでに一言。
 当コラムについて、「何を言いたいのかよくわからない」というご意見を毎回いただくのだが、実は、私自身、自分が何を言いたいのかよくわからずに書いているケースが時々ある。

コメント46

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「シューカツは是非、上から目線で」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官