• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

死にたくなった男を救った『胸騒ぎのデパート』
~ここまで愛を捧げられた店舗たち

  • 石原 たきび

バックナンバー

2009年11月4日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

胸騒ぎのデパート』 寺坂直毅著、東京書籍、1600円(税抜き)

 家族の愛、友人の言葉、一冊の本。死にたくなったとき、静かに手を差し伸べてくれるものはいろいろある。

 寺坂さんの場合、それが「デパート」だった。

 宮崎市の中心街で生まれ育った彼は、生来の内気な性格から友だちができない。幼稚園時代の遊び方は、一人で近所のデパート「宮崎山形屋」を探検するというもの。

 ここでその魅力に取り憑かれ、小学生になると他県のデパートにも足を伸ばすようになる。しかし、同時に鬱々とした孤独な日々も続く。

 中2で登校拒否になり、ついにすべてを投げ出したい衝動に駆られた。ふらふらと向かった先は、自殺スポットとして有名な福井の東尋坊。

 崖の上でぼんやりしているとき、ふと脳裏に浮かんだのは金沢のデパート「香林坊大和」。腰を上げ、何かに導かれるようにして金沢へ。

 待っていたのは、堂々たる外観、まぶしく輝く商品たち、そしてエレベーターガールの笑顔。デパートに命を救われた瞬間だった――。

地元密着型デパートに見る創意工夫

 こうした原体験を経て構築された寺坂さんの「デパート愛」は超ハードコアだ。安易に「マニア」という言葉では括れない。

 たとえば、家電コーナーに引き寄せられるのはわかる。地下の食料品売り場に通うのもわかる。しかし、彼が盲目的な愛情と畏敬の念を注ぐのは“総体としてのデパート”なのだ。

 それは、世間的には奇妙なことだが彼にとっては当たり前の行為。ことさら声高に主張するでもなく、淡々と愛を語り続ける。とにかく、そこが面白かった。

 本書は、彼が幼少期から放送作家として活躍する28歳の現在まで、暇を見つけては続けてきた、日本全国250を超えるデパート行脚の集大成であり、彼女(デパート)へのラブレターなのだ。

 収録されているのは選りすぐりの32店。北は帯広から南は鹿児島まで、各フロアの案内を含む詳細なレポートが並ぶ。

 注目すべきは店舗ごとの個性と創意工夫。それは、とくに地元密着型のデパートに顕著である。

 試しに、思わず「えっ」と言いそうになった店舗を抽出してみよう。

  • ドアガールが常駐する「藤丸」(帯広)
  • 館内に天然温泉が湧く「まるみつ百貨店」(諏訪)
  • 女性専用フロアを擁する「大丸心斎橋店」(大阪)
  • 6月の祭りに合わせてなど春先から浴衣を売り出す「そごう広島店」(広島)
  • 中庭でウコッケイを飼っている「トキハ本店」(大分)

 本の帯に記された「デパートは『エンターテインメント』である!」という惹句が、スッと腑に落ちた。

 つまりは、デパートを「遊園地」と捉えれば考えればわかりやすい。各売り場はアトラクションだ。

 ちなみに、寺坂さんはこの遊園地をより楽しく巡るためのルールも確立している。要約するとこうなる。

  1. デパートの顔である正面玄関から入る
  2. インフォメーションでフロアガイドをもらう
  3. まず1階フロアを1周し、雰囲気をつかむ
  4. 上りはエスカレーター、下りはエレベーターが鉄則
  5. 屋上、別館なども忘れずにチェック
  6. 地下の食料品売り場ではお土産を買う

 その他、包装紙や紙袋も重要なチェックポイント。そこにプリントされたロゴやデザインから、創業者が心血を注いだメッセージが読みとれるからだ。

 寺坂さんは、さらに〈記念としてパンツか靴下を購入することにしています。自分の体と密着する、なんらかの証がほしいからです〉と告白しているが、我々のような初心者はそこまでしなくてもいいだろう。

コメント0

「超ビジネス書レビュー」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員