• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

700系がゴロゴロ! 夢の車両基地で「交番検査」を見学

品川編・その1 JR東海・大井車両基地

  • 赤瀬川 原平,山下 裕二

バックナンバー

2009年11月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

山下 今日は鉄(テツ)の憧れ、新幹線の大井基地(注1)へとやってきました。

赤瀬川 すごい! 新幹線がゴロゴロある。700系が山ほどありますよ(笑)。この光景を見たというのは自慢できますね。

最新車両のN700系。
赤瀬川 飛行機に似ています。ロケットにも似ているね。スピードが増すとこういうかたちになっていくんでしょうか?
山下 機能をつきつめると、似たかたちになっていくんでしょうね。本当にかっこいい。

赤瀬川 ここは公開されてるの?

山下 いえ、車両基地は非公開です。いくら鉄分が濃くても、なかなか内部を見せてはいただけません。(注2)

赤瀬川 新幹線が行ったり来たりするから危険だしね。

山下 ここは、新幹線車両内部の清掃はもちろん、点検や部品交換などのメンテナンスが行われているところですから、部外者がウロウロとするわけにはいかないでしょう。

全長0.4キロメートル、ダッシュではきつい

赤瀬川 ホームで見ていると気がつかなかったけれども、新幹線は随分長いよね。

山下 東海道新幹線は16両編成で400メートルですよ。つまり、陸上競技のトラック一周ぶん。

赤瀬川 え、400メートル!?

山下 確かに、こうやってむき出しで見ると本当に長く感じますね。

赤瀬川 普段、ホームを端から端まで歩いたりしないからね。

山下 今日は、特別にJR東海の列車科長の角田さんと検修科長の重松さんが中を案内してくださいます。まずはヘルメットをかぶり、保護めがねをつけましょう。

赤瀬川 見学のお作法も大事です。それにしてもこの基地は広いなぁ……。

角田 夜間は45本の車両が滞泊していますから、相当広いです。そのため、遠く離れた場所に行く際には、自転車や自動車を使うこともあります。

ヘルメットと保護めがねをつけていよいよ出発! 鉄(テツ)の山下さんは自然と笑みが……。

山下 いよいよ車両整備をしている場所へ向かいます。ここの稼働時間というのは……?

角田 終発以後や始発前の整備がありますから、24時間態勢で、シフトを組んで仕事をしています。

赤瀬川 これから見せていただくのはどういう作業ですか?

角田 交番(こうばん)検査です。

赤瀬川 交番検査というのは?

「東京オトナの修学旅行 赤瀬川原平×山下裕二」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長