• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

星の王子様は苦笑いしながら昇天

2009年11月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 三遊亭円楽さんが亡くなった。

 思い出すのは、小学校四年生の時、仲の良かった二人の同級生と共同出資して「笑点音頭」のレコードを買ったことだ。

 立川談志と笑点メンバーが賑やかに歌う、楽しい歌だった。
 レコードは、どこに行ったのかわからない。

 共同出資者の一人であるAの手元にあったはずなのだが、彼は十年ほど前に死んでしまった。もう一人の同人(われわれは、3人の共同名義で「ハッタリ新聞」という個人紙を発行していた)も、二十年ほど前に亡くなっている。

 だから、細かいことは藪の中だ。ハッタリ新聞も四十年以上休刊状態にある。

 「笑点音頭」」を検索してみると、ニコニコ動画に同名のコンテンツがある。サルベージして聴いてみると、どうも記憶と違う。

「笑いのポイント 笑点だい ソレ」
「アリャリャンコリャコリャ イモ買いな」
「鬼婆屁した ソレ エッヘラヘと笑え」

 ……私はこの歌を知らない。

♪はーるはイヤだね 眠くてイケねぇ
 朝起きるのはめんどくせぇし やっぱり行かなきゃならねぇし♪

 私が記憶している「笑点音頭」は、四季折々の「イヤだね」を歌ったオモシロネガティブな歌だった。

 が、その音源はどこを探しても見つからない。
 あれはB面だったのだろうか。あるいは、笑点メンバーが「笑点音頭」のヒットに気を良くしてリリースした第二弾なのかもしれない。いずれにしても、詳細は不明。コミックソングのコレクターだったAが生きていれば、電話一本で2時間ぐらいは解説してくれたはずなのだが。

 訃報以来、テレビは、円楽師匠の死を悼み続けている。
 いかりや長介氏の時ほど大仰ではないが、それでも、かなり引っ張っている。
 しかも、ちょっと焦点がズレている。

「『星の王子様』の異名で呼ばれるなど、ダンディーだった円楽師匠は……」
「カッコ良かったですからねえ」
「ええ、とてもおしゃれな人でした」

 いつの間にやら、円楽は、落語会のプリンスだったみたいな話になっている。
 違うぞ。
 いや、大筋では間違いではないのかもしれない。若い頃の円楽師匠はダンディーだった。おしゃれでもあったし、女性ファンだっていたのだと思う。

 でも、世間が円楽を「星の王子様」と呼んでいたのかというと、そういうことはなかった。
 「星の王子様」は、本人がシャレで名乗っていた名前で、彼はそれで笑いを取っていた。馬面の大男が「王子様」を自称することの可笑しさ。その力加減が絶妙だった。そういうことだ。

「落ち葉のメロディーが心に響く季節となりました。乙女の涙か夜空の星か、まことに美しいものほどはかないものでございます。星の王子さま。円楽です」

 と、円楽が気取った挨拶をカマすと、歌丸か小円遊がツッコミを入れることになっていた。

「飼い葉のメロディーが馬の餌で干し草の王子が馬ヅラだと?」
「乙女がパンツをはかないとか、品がねえにもほどがある。そこ、座布団一枚ひっぺがせ」

 お約束の返しもまたキザだった。

「はて? 美人はくめえと聞き及びますが?」

 初期の笑点は、かように、罵倒とアドリブが飛び交うスリリングな番組だった。

「座布団が十枚たまったらベトナムに行って鉄砲が撃てるよ。イヨッ!」

 現在の環境では、決してオンエアできないと思う。

 ともあれ、「星の王子様」についてはきちんと訂正をしておかねばならない。あれは円楽の異名ではなかった。自称でありギャグであり、師匠一流のセルフプロデュースだった。

 ワイドショーが円楽師匠を持ち上げようとした意図はわかる。が、事実は事実。彼はプリンスではなかった。

コメント21件コメント/レビュー

上方落語の世界では、桂米朝がその枕の中で取り上げているように、客や友人から、「師匠!」と呼びかけられてそのあと「ちょっと、茶、とってえな!」と、まあ、なんの権威もない呼称なわけで・・・江戸落語の世界とは全く違うように感じます。江戸落語界師匠面々の芸の質のうさんくさいこと、センセイのおっしゃるとおりですね。でもって、上方落語のほうが、文化芸能に値するとも。え?なんですか?そ、もちろん、私は関西出身ですけど、何か?(2009/12/14)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「星の王子様は苦笑いしながら昇天」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

上方落語の世界では、桂米朝がその枕の中で取り上げているように、客や友人から、「師匠!」と呼びかけられてそのあと「ちょっと、茶、とってえな!」と、まあ、なんの権威もない呼称なわけで・・・江戸落語の世界とは全く違うように感じます。江戸落語界師匠面々の芸の質のうさんくさいこと、センセイのおっしゃるとおりですね。でもって、上方落語のほうが、文化芸能に値するとも。え?なんですか?そ、もちろん、私は関西出身ですけど、何か?(2009/12/14)

私も同感です。星の王子様の使い方、三平はさほど面白くはなかったことなど。テレビ人は無責任なんでしょうね。知らなくても調べずに、花火が上がればよいと。最近の若い落語家は落語が大好きなんです。まじめに落語を学んで、まじめに話をするのです。だからむちゃくちゃな人は少ない。興行である相撲が精進してしまっているのと同様。客よりも自分が好き、という感じでしょうか。師匠は弟子との関係というより、肩書きになってしまったのではないでしょうか。いずれにしても、米朝さんのおっしゃるとおり、落語家が文化人になるのは、珍事なのだと思います。(2009/11/10)

同感です。落語も歌舞伎もクラッシックにしたって娯楽のひとつ。お客が好きに楽しめばいいと思います。襲名なんかの時には、「おめでとう」の心をこめて、ちょっと背筋を伸ばして楽しむのも良いと思います。どちらにしても、お客が自分で決めることだと思います。マスコミが名人にまつりあげようと、人間国宝になろうと、面白い人は面白い、面白くない人は面白くない。私にとっての名人と、他人にとっての名人が全員で一致してたら気持ち悪いです。(2009/11/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授