• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

52. 「おもしろいこと」の大半を知らないまま死んでいくことに、少しは焦ろう。

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年11月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 先週はお休みしちゃってごめんなさい。この連載を始めて1年と1か月、初のお休みをいただくことにした。本業がちょっと忙しくて…なんて言い訳するほうがみっともなかったですね。

*   *   *

 私は今年の9月、生まれて初めて馬という生き物に乗った。長野県は飯田にある乗馬クラブでのことだ。

 元来私は、なにごとにつけても億劫がりで引っ込み思案である。なにか新しいことを始めるにさいして心理的障壁の高い、頭の硬い人間である。要するに無趣味な人間である。

 しかもスポーツ。私は人生でいちばんハマったスポーツが水泳というインドア人だから、ますます気が乗らなかった。

 だから、周囲の乗馬経験者から「乗馬って楽しいから、きみもやったらいいのに」と言われても、「いや、めんどくさいし、だいいち奴らは自転車やバイクと違って自分の意志を持ってるから怖いし」などといって、さんざん逃げてきたのである。

 それがどういう風の吹き回しで馬に乗ってみる気になったのかは、いまとなってはまったく思い出せないのだが、とにかく乗ってみてよかった、といまは思っている。

密やかな教育 〈やおい・ボーイズラブ〉前史』石田美紀 著、洛北出版、2730円(税込)

 去年は、『密やかな教育 〈やおい・ボーイズラブ〉前史』(洛北出版)の著者で映画研究者の石田美紀さんの案内で、生まれて初めて宝塚歌劇団の公演を観に行き、『マリポーサの花』に出ていた音月桂さんという男役に一瞬ハマりそうなった。

 だいたい私は俳句だって、何度も勧められて逃げ回った末にハマったし、あと、私のカラオケ好きを知っている友人はこれを言うと一様に意外な顔をするが、カラオケだって嫌いな時期が長かった。学生時代の趣味だったバンドだって芝居だってきっかけは、手が足りないから手伝えと言われて渋々始めたようなものだ。

 フットワークの重さではクルーザー級だ。『読まず嫌い。』という題の本を出しているのも伊達ではない。

コメント6

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官