• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「どうだ」と言わないオトナの美術館

品川編・その2 原美術館

  • 赤瀬川 原平,山下 裕二

バックナンバー

2009年11月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

山下 品川駅から坂を上がった閑静な住宅街に原美術館があります。

赤瀬川 駅前は国道で車がビュンビュン走っているけど、このあたりまで来るとかなり静かですね。ここは原さんがやっている私立美術館ですよね?

画像のクリックで拡大表示

山下 ええ、館長の原俊夫さんが1979年に開設して、現代美術を中心に展示している美術館です。今日は、館長室広報の松浦彩さんに建物を案内していただきながら話を伺います。

赤瀬川 まず、ここは建物がいいですよ。なんとも言えず上品というか……。

山下 とても趣味がよくて、贅沢な建物だと思います。この建物を造ったのは、館長の原さんの先代ですか?

松浦 いえ、祖父の原邦造(注1)が昭和13年に造った家です。

山下 赤瀬川さんとほぼ同世代ですよ(笑)。

赤瀬川 あ、ホントだ。僕よりひとつ下ですねぇ。その頃にこの家を個人で……。

この趣味の良さをなんと言おうか

山下 もう少し後だったら戦争に向かう時期になるから、これだけの家を造るのは難しかったでしょうね。設計したのは誰ですか?

松浦 渡辺仁という建築家です。銀座の和光(旧服部時計店)や上野の東京国立博物館本館も設計した方です。

山下 え、あの東京国立博物館の本館造った人が、こんなにモダンな家を造ったんですか?びっくりですね。全然スタイルが違う……。

赤瀬川 あのドーンとした建物とこの瀟洒な建物と同じ人とはねぇ。でもまぁ、仕事ですからねぇ(笑)。

山下 バウハウスとか知ってはいたでしょうね。

松浦 当時、この敷地には日本家屋が建っていて、それが大きくて暗かったので、原邦造の奥様が、明るくてコンパクトな洋風の家をと望まれてこの家ができたと聞いています。

山下 これがコンパクト!?

赤瀬川 うーん、すごい。それにしてもこの建物の良さは何と言えばいいのかなぁ。

画像のクリックで拡大表示

コメント0

「東京オトナの修学旅行 赤瀬川原平×山下裕二」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック