• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

DSi LLを「画面が大きくなった携帯ゲーム機」と見るのは、微妙に間違いです

2009年11月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 11月21日。ニンテンドーDSiの新機種「DSi LL」が発売されます。

 画面が4.2インチとなり、従来よりも格段に大きくなりました。ただし性能そのものは、従来のものと同じだと思ってください。熱心なゲームファンにしてみれば「だから、どうしたの?」という変化しかしていないマシンともいえます。

 しかし、このマシンに秘められている野望は、かなり大きいです。

 ひとことでいうと、これは偵察兵みたいなものです。DSi LLは、市場の反応をチェックするために送り込まれたのだ、と考えるといいでしょう。

 ゲームビジネスの現場は、刻一刻と状況が変化する、なんとも予測しづらい戦場です。そんな戦場に、任天堂は、誰もが予期しないチャンスを見いだして偵察兵を送り込み、未来のゲームビジネスに備えようとしているのです。

ニンテンドーDSi LL。カラーはワインレッド・ダークブラウン・ナチュラルホワイトの3種類。これまでのDSとは違い、インテリアに溶け込むようなカラーリングである。販売元:任天堂/希望小売価格:2万円(税込み)/11月21日発売。 (c) 2009 Nintendo
画像のクリックで拡大表示

高齢化社会への対応

 いきなりですが、ここで質問です。2009年のゲームビジネスという戦場における、最大の敵は何でしょう?

 答えはカンタンです。現時点での最大の敵は、間違いなく「老眼」でしょう。

 このコラムをお読みになっている方の多くは、すでに実感しているはずです。老眼の症状を自覚し始めるのは、40歳くらいからで、近くのものが見えにくく感じはじめます。症状は徐々に進行し、いずれ近くのものを見るときに老眼鏡を必要とするようになります。

 かつては、ゲームユーザーの多くは若者だったため、老眼にさしかかった世代の人たちを考慮する必要がありませんでしたが、いまは違います。最新の国勢調査報告書を見てみると、日本の総人口のおよそ半分が、すでに40歳以上になっていることがわかります。国民の半数以上が、老眼を気にし始める(もしくは症状を自覚している)年齢になっているんですね。

 これは日本だけの話ではありません。世界中の先進国の多くが、同じように人口ピラミッドを持つ高齢化社会になっています。全世界的に、ゲームユーザーの多くが、どんどん老眼になっているんです。

 だからこそ、2009年というタイミングで、軽さや小ささを犠牲にしてでも、画面を大型化したゲーム機が、こうして市場に投入されたのですね。

 これが、どのように市場に受け入れられるかによって、ゲームの未来が少し変化するでしょう。ちゃんと受け入れられれば、今後の携帯ゲーム機は「コンパクトさ・画質の精緻さ」を競うのではなく、画面の大きさや見やすさを重視する方向へシフトしていく可能性がある、ということです。

「DSi LL」は据え置きゲーム機でもある

 「DSi LL」の最大の注目点は、画面が大きくなったことではありません。むしろ視野角が広くなり、正面だけでなく、かなり斜めの角度からでも画面が見えるようになったことのほうが大事ともいえます。

 それが何を意味するかは、公式サイトを見てみるとわかります。

コメント7件コメント/レビュー

最初のコメントに対して30-40代でPSPの方が強いとはとても思えませんけどね(相対的にというならそうでしょうけど絶対数はDSの圧勝でしょう)。PSPの優位性は20代までと思います。というかDSはPSPを見ていないでしょう。大画面化のメリットは大きいですよ。テキストものでスクロールの手間は確実に減るでしょうし。(2009/11/13)

「デジタルエンタメ天気予報」のバックナンバー

一覧

「DSi LLを「画面が大きくなった携帯ゲーム機」と見るのは、微妙に間違いです」の著者

野安 ゆきお

野安 ゆきお(のやす・ゆきお)

ゲームジャーナリスト

ファミコン時代からゲーム業界に参加。1000本以上のソフトを体験し、100冊を超えるゲーム攻略本制作に参加している。ゲーム雑誌編集部、編集プロダクションを経て、現在はフリーランスとして活動中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最初のコメントに対して30-40代でPSPの方が強いとはとても思えませんけどね(相対的にというならそうでしょうけど絶対数はDSの圧勝でしょう)。PSPの優位性は20代までと思います。というかDSはPSPを見ていないでしょう。大画面化のメリットは大きいですよ。テキストものでスクロールの手間は確実に減るでしょうし。(2009/11/13)

PSPと比較しているコメントがありますが、DSとPSPではゲームの方向性が異なるのでPSPを意識しての新製品ではないでしょう。よく言われているように、携帯ゲーム機でありながら外に持ち運ばないユーザも多い。それならば画面を見易く大型化してしまえ、ということでしょうね。ノートPCでもB5サイズよりA4サイズのほうが売れていることと同じ理屈かと。この先、「携帯機としても、据置機の一部(コントローラ等)としても使えるゲーム機」が主流になるかもしれませんね。そういう使い方をするソフトは既に何本か出ていますから。(2009/11/13)

6歳の息子の教育ツールとしてDS購入を検討しているので、この記事はたいへん参考になりました。■ところで、このコンセプトだと「ノートパソコンにゲームソフトを入れて(あるいはインターネットで)コントローラーをつけた」のと同じではないでしょうか。 ■かつてワープロ専用機がワープロソフトに取って代わられたのと同じ道をたどるのでは?(2009/11/13)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長