• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

自分から会社を引いたら、何が残るのか?

【第1回】ビジネスパーソンのキャリア戦略は変わった

2009年11月19日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日経ビジネスオンラインの読者の皆さん、初めまして、内藤忍と申します。

 今回から毎週木曜日に全6回の予定で、「執筆のすすめ」を連載させていただくことになりました。皆さんのお役に立てる内容にできるよう、全力で書いていきます。よろしくおつき合いください。

 第1回はビジネスパーソンの新しいキャリア形成法について考えてみたいと思います。具体的には、「会社で仕事をしながら、本を書く」という新しいビジネススタイルです。

 この連載コラムは、会社で仕事をしているビジネスパーソンの皆さんに“新しいキャリア戦略”を実践してもらうことを目的にしています。それは、会社という閉じた世界で完結するものではなく、社会という開かれた世界で自分の仕事の幅を広げようとする方法です。その1つとして、執筆活動があり、私自身が実践しています。

平日12時間は会社員でも年間3冊は出せる

 自己紹介させていただくと、私は、現在、マネックス・ユニバーシティで社長を務めています。元々は信託銀行に勤務し、外資系投資顧問を経て、10年前にマネックス証券の設立に参加し、今の仕事に至っています。

 マネックス・ユニバーシティは大手ネット証券であるマネックス証券と同じマネックスグループ(東証1部上場)の子会社です。個人投資家に投資コンテンツを提供するビジネスを展開していて、ネット上の動画やセミナー会場を使っての講演、さらに最近では生涯学習のユーキャン(東京都新宿区)でも、資産運用講座の教材を開発して販売しています。

 会社の仕事の一方で、40歳になった5年前から資産運用に関する書籍を書き始めました。『内藤忍の資産設計塾』シリーズ(自由国民社)は累計で10万部を超えるベストセラーになり、現在も年間3~5冊の出版を続けています。

『左から順に、『内藤忍の資産設計塾』シリーズ(自由国民社) のほか、『初心者は株を買うな!』(日本経済新聞出版社)、『内藤忍の「好き」を極める仕事術』(講談社)

 私は、平日はオフィスに通勤していますから独立されたコンサルタントの方のように、自分で時間を自由にできる立場にはありません。平日の朝8時過ぎには出社し、夜の7時~8時くらいまでは毎日オフィスで仕事をしています。ですから、本の執筆は、会社の業務時間以外の早朝と夜間に週末、そして通勤の合い間に、集中して行っています(実は、この原稿も通勤帰りのバスの中で書いています)。

 仕事をしながら時間外に本を書いています、というと「よく時間がありますね」と言われることが多いのですが、実は、本を書くというのは皆さんが想像するほど難しいことではありません(ただしやり方には工夫が必要ですが・・・)。

 私も5年前までは、自分の名前の入った本が書店に並ぶなんてことは、想像さえできませんでしたが、実際に出版された本が世に出ると、それからの社内のキャリアを大きく変えることができました。

 やる気になればビジネスパーソンなら誰でも本を出版できると思います。そして、努力に対するメリットは想像以上に大きいのです。

 私のように、本業の仕事以外に別の仕事をするのは、今まではアウトローのような扱いを受けてきました。しかし、後から説明するようにこれからは、むしろこのような仕事の方法が当たり前になっていくのではないかと思っています。

 読者の皆さんの中には、これからのご自身のビジネスキャリアについて悩んでいる方もいるかもしれません。そんな方にこのコラムを読んで、これからのご自身のキャリアを見直すきっかけにしてもらえると本当にうれしいです。

会社と個人の関係は、これから変わる

 実は、日本の企業社会は今急速に変化しています。日本企業の内部で先送りされてきた問題を一気に露呈させるきっかけになったのが2008年の金融危機です。簡単に言うと、終身雇用で、会社の中に人材を囲い込み、能力とは関係なしに年功序列で評価する仕組みがついに維持できない状態になったということです。

コメント7

「内藤忍の「執筆のすすめ」 読んで学び、書いて磨け」のバックナンバー

一覧

「自分から会社を引いたら、何が残るのか?」の著者

内藤 忍

内藤 忍(ないとう・しのぶ)

資産デザイン研究所社長

銀行や投資顧問、ネット証券など金融機関で30年近く仕事し、2013年に資産デザイン研究所を設立。 コンサルティングやセミナー、書籍などを通じて、お金の不安を解消する具体的なソリューションを提供する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トップ自らが矢面に立つことで、問題は次第に収束していきました。

佐々木 眞一 日本科学技術連盟理事長、トヨタ自動車顧問・技監