• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

蓮舫議員と語り合いたい「もったいない」の意味

2009年11月16日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント112件コメント/レビュー

仕分け作業をきちんと取材して、これを書かれたのでしょうね?(2009/12/07)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「蓮舫議員と語り合いたい「もったいない」の意味」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

仕分け作業をきちんと取材して、これを書かれたのでしょうね?(2009/12/07)

一頁目を見て偏見を感じ、スケッチで悪意を感じて、残念ながら先に進めなかった。それ以上の言葉を使いたくもない。今後、こんな文を載せないよう選別してほしい。(2009/12/07)

蓮舫さんの名前を使ったのは、単なる掴みか。本文と少し用途が違いますよ。彼女は職務を遂行するために、事業仕分けというリングの上で戦いをいどんでいるのに対して、何の装備もせず、グローブさえもはめずパンツもはないで上がってきて、ひどいわ!と訴える人が、多大な税金の実質的な使用者になっていることが問題なのですよ。コストカッターなのですから、職業上研ぎ澄まされた鋭利な声は武器なのです。しかし、廃棄派VS保管派のお話は個人的にとても参考になりよかったです。(2009/12/07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

朝鮮半島有事を考えた場合、日本の危機管理は極めて不十分。

宮家 邦彦 キヤノングローバル戦略研究所研究主幹