• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「部長ヅラした新入社員」、それじゃあ妻も切れます。

  • 滝村 雅晴

バックナンバー

2009年11月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「無くなったら、補充しておいてよ・・・」

 インスタントラーメンを食べるのに使ったポットの熱湯を、使いっぱなしで継ぎ足さないまま放置して、奥さんに突っ込まれた方、結構いらっしゃるのではないでしょうか。

 自分が必要な時に使うだけ使って、そのままにしてしまう男性がいます。僕もついこの間やって、キビシク突っ込まれたところです。

 「料理をつくりやすい環境」を整えるためには、きめこまかなメンテナンスが必要です。日々使う消耗品は、切れる直前にストックを購入したり、補充したりすることが、毎日の家庭を効率的に回すために求められます。

 しかし、たまにやる、または「いいとこどりな家事」をする男性は、使いっぱなし、やりっぱなしが多いのではないでしょうか。

 妻は、夫のマイナスポイントを大変よく記憶しています。

 日頃こまめに手伝って、点数を稼いでいると思っていても、何か1つ忘れてしまったり、やりっぱなしになると、たちまちプラスからマイナスポイントへ。え、なんでそうなるんだって? 

 それは、妻たちの夫の貢献度の評価方法が、超減点法だからです。

2点3点稼いでも、一発で100点減点される

 夫がコツコツ家事をこなして1ポイントずつためたものが、油まみれになったガスコンロを放置したがために、100ポイント分もマイナスされてしまうのです。加点1点、減点100点。そんなルールがある限り、そもそも「点数を稼ごう」という発想はやめたほうがいいのかもしれません。フィギュアの採点ではありませんが、あなたが意識するべきなのは「減点をくらわない」ということです。

 さて、そこで前回ご紹介したチェックリストです。実際に男性にやってもらうと、いくつかの代表的なパターンがでてきます。

 前回のチェックリストを少し振り返ってみましょう。

チェックリストページへ

新人が経験すべき「妻の仕事」参加度チェック30

【1】料理力
【2】キッチン・掃除力
【3】ストック・収納力
【4】ゴミ処理力
【5】買い物力

 上記の5つですが、継続的に料理をし、台所を管理するためには、以下の順番に並べ替えると流れがわかります。

ストック・収納力 
(現在、何があって、何が足りないか常に把握し・・・)
買い物力
(必要なものを買いそろえ)
料理力
(調理し)
キッチン・掃除力
(後片付けし、メンテナンスし)
ゴミ処理力
(必要ないものはゴミ出しする)

 こうやって改めてみると、すごいタスク量です。
 それを日々こなしてこそ家事は回る。だからこそ、家事の評価は「いかにモレをなくすか」の、減点法でやらざるを得ないのです。創意工夫のプラス点はその上で乗ってくるものなのですね。

 その中で、得意、不得意、実施している、していないをチェックしてもらうことで、皆さんの現在のスキル、減点をくらわないためのポイントがわかってきます。

 では、ここで代表的な3つのパターンをご紹介します。

コメント10件コメント/レビュー

夫婦共働き・都心住まい・子ども2人・実家のヘルプなし、の夫です。男性の家事参加を嫌がっているのは実は女性自身であって、女性としての存在意義を侵されまいという気持ちから、「本質的ではないささいな手違い」をあげつらい、封建的な「減点法」でパートナー(夫)をチクリと刺して溜飲を下げているような気がします。私のしていることは大変でしょう、と声高に主張したいがために。「鬼の首を取ったかのような」指摘をしますよね、主婦の方々って。うちは実によく協力しあうし、足りないところがあっても「まあ俺が(私が)やっておくか」という形でサポートしあいます。家事というものは「要は最終的にきちんと過不足なく出来ていればよい」ということが本質であって、女性の縄張り論や存在意義論で語るのはピントがずれているということを、妻自身が理解してくれているからだと思います。(2009/11/28)

「台所へ新卒入社のススメ」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

夫婦共働き・都心住まい・子ども2人・実家のヘルプなし、の夫です。男性の家事参加を嫌がっているのは実は女性自身であって、女性としての存在意義を侵されまいという気持ちから、「本質的ではないささいな手違い」をあげつらい、封建的な「減点法」でパートナー(夫)をチクリと刺して溜飲を下げているような気がします。私のしていることは大変でしょう、と声高に主張したいがために。「鬼の首を取ったかのような」指摘をしますよね、主婦の方々って。うちは実によく協力しあうし、足りないところがあっても「まあ俺が(私が)やっておくか」という形でサポートしあいます。家事というものは「要は最終的にきちんと過不足なく出来ていればよい」ということが本質であって、女性の縄張り論や存在意義論で語るのはピントがずれているということを、妻自身が理解してくれているからだと思います。(2009/11/28)

うちの彼が料理をしても私に不満が残る理由がはっきりとわかりました。料理と買物だけして、他のことをしてくれていないからだったんですね。料理してくれるのだからその分は感謝して、片付けなど後の事も料理のうちだとちゃんと説明するべきだと思いました。(2009/11/23)

超減点法の上司って、最悪じゃないですか。こうやって世の中の男性達をますます家事嫌いにしているのは、手伝ってほしいと思っていたはずの女性自身だったというわけですね。大人になってもやっぱり大半の人は褒めなければ伸びません。部下の仕事が物足りなかったら、上司はできたことを評価しながら、不足したことを説明しないといけませんね。(2009/11/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授