• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

53. 坂道にハマるように、純文学にハマることもある。
~「下から目線」と「負の教養主義」(1)

  • 千野 帽子

バックナンバー

2009年11月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 日直のチノボーシカです。

 前回、こんなことを書いた。

 私のように頭の固い人間は、ほっとくと、自分が興味を持てない分野について、外から 「あんなものつまんないよ」 と決めつけてしまうことがあるだろう。〔…〕

 そのとき私は、自分の知らない「おもしろい」があることを恐れているだろう〔…〕。
 そしてその未知の「おもしろい」をおもしろがっている他人に自分を脅かされていると、勝手に感じてしまっているだろう〔…〕。

むろん、だれしも「あんなものはつまんないよ」と言うことはできる。「あんなものはつまんないよ」を言うことがいついかなるときにも無効である、などと乱暴なことを言うつもりはない。

文學少女の友』千野帽子 著、青土社、1680円(税込)

 私自身、『文學少女の友』や『読まず嫌い。』や「少年探偵団は二度死ぬ。」(《CRITICA》2号、2007年)などあちこちで、自分がなぜ大衆小説、とくに商業的なジャンル小説(プロパーな意味でのSF・ミステリ・時代小説・ファンタジーなど)を読むのに向いていないか、という話をしている。

 私は大衆小説(理由があって、エンタテインメント小説という言いかたはしない)の社会的意義を否定しない。また、大衆作家たちの努力と気力と才能が並々ならぬものであるということだって、百も承知である。石田衣良も東野圭吾も宮部みゆきも恩田陸も桜庭一樹もそれぞれに「偉い」。間違いなく偉い人たちである。

 私に彼らの価値を否定する権利はない。生魚を食べない人に鮨職人を月旦することができないのと同じだ。

 要は、あくまで「私個人にとって」それらがたまたま縁の薄いものであることが多い、というだけのことだ。

*   *   *

コメント11

「毎日が日直。「働く大人」の文学ガイド」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「絶対これしかありません」というプランが出てきたら、通しません。

鈴木 純 帝人社長