• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

隣にいたら、きっと鬱陶しいソクラテス

『ソクラテスの弁明』プラトン著

2009年11月24日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

死刑判決

その昔、ひとりの男が裁判にかけられた。
彼は哲学者。
かけられた容疑は次の2つだ。

1・この国の神々を大事にしていない。
2・青年を堕落させている。

哲学者は無罪を訴えた。いずれも事実とは異なると。
しかし、その主張は聞き入れられない。彼は多くのひとに尊敬されていたが、また嫌われてもいたのだ。

判決は有罪。
裁判からひと月が過ぎたころ、哲学者は死刑に処せられた。

紀元前399年に古代ギリシアの都市国家アテナイで起こった、これが「ソクラテス事件」である。

高飛車で余裕たっぷり・・・これ、弁明なのか?

法廷でソクラテスは無実を訴えた。自分が実際に行ってきた哲学的な行為(ソクラテスは本を書かなかったので、行為が彼の哲学の表現なのである)、その理由、目的、結果を語り、正当性を主張した。

それは、弟子プラトンの手で記録され、『ソクラテスの弁明』という題名で残されている。

プラトンが書く哲学書は、戯曲のようなスタイルだ。主人公はたいていソクラテス。対話が繰り広げられるので、それを「対話篇」と呼ぶ。『ソクラテスの弁明』もそうだ。まるで法廷ドラマの脚本を読むようなおもしろさがある。

しかし、読んでいると、だんだん妙な感じがしてくる。
どこか変だ。

これは、身に覚えのない罪で処刑されそうな男の、最後の公式発言だ。崖っぷちに立ち、強風にあおられている。当然、死にものぐるい、悲痛な調子で語られるはず。ところが、ソクラテスには、そんなムードは、まったくない。

彼は余裕を持ち、おそらくは笑みを浮かべて、あるいはいくぶん高飛車に、とうとうと論じているのである。

これは被告人ソクラテスには不利ではないか。なぜ、彼は、人々の心に訴え、共感や同情を得ようとしないのか。なぜ、全力で自己弁護しないのか。

わざわざ反感を買って出る

同時代の歴史家クセノポンも、ソクラテスの言動を記録している。

それによると、ソクラテスは裁判の前から、「老いて生きるよりも死んだほうがよい」と考えていたらしい。だから、無罪になるための方策を練るのはやめて、法廷ではわざわざ反感を買うような口調で論じたのである。ソクラテスはこう言ったという。

もし今ぼくに有罪の判決が下されるなら、ぼくがつぎのような生の終わりを迎えることができるのは明らかだからだ。つまり、そのことを司る者たちによっては最も楽な終わり方と判断され、親しい者たちにとっては最も面倒が少なく、また亡くなった者に対する最大の思慕の念を植え付けるような終わり方をね。だって見苦しいことも不快なことも、何一つとしてそばにいる者たちの思い出の中に残すことなく、健康な体と、人を気遣うゆとりのある心を持ったまま息を引き取れるとするならば、どうしてその人物が惜しまれずにいようか。

ソクラテスの予想は正しかった。

クセノポンは「この人の知恵と高貴さを思うにつけ、どうしても私はかれのことを記録に残さずにはいられないし、また記録にとどめながら、ほめ称えずにもいられないのである」と書く。ソクラテス自身は一冊の本も書かなかったが、「思慕の念を植え付け」られた友人や弟子がソクラテスの哲学や行動を大量に書きとどめたおかげで、死後2400年もたつ今に至るまで、ソクラテスはすべての哲学者の頂点に君臨している。「哲学者」と聞けば、誰もがまっさきに思い浮かべる名前はソクラテス。彼の発言や行動が哲学の典型のように思われている。

これは、ソクラテスが人生最後に行った「捨て身のパフォーマンス」が実を結んだのだ、とも言えるだろう。

何をやらかしたのか、ソクラテス?

『ソクラテスの弁明』を開こう。そして、ソクラテスはどんな活動をして嫌われたのか、彼自身の説明を聞こう。

まず、ことの始まりはこうだ。

ある日、ソクラテスの友人が、都市国家デルポイにある神殿を訪れた。そのとき彼は、「いちばん知恵がある人間はソクラテスだ」というお告げを受ける。

友人がソクラテスに伝えると、ソクラテスは喜ぶどころか考え込んでしまった。

コメント7

「生きるための古典 ~No classics, No life!」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長